蟹工船 ─まんがで読破─ [Kindle]

  • イースト・プレス
3.46
  • (3)
  • (7)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 104
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (194ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 原作には無い展開やキャラクターを設定している。それを肯定的に捉えるかどうかは人によって変わりそう。

    自分は演出が過剰なように感じたので、マンガ蟹工船の方が好み。

    2008年ごろに蟹工船がブームになったが、同年にはリーマンショックが起こっていたことを思い出した。若者が非正規の不利な条件で働かざるを得ないという背景があったが、現在はそれに比べれば改善している。それが不可逆のものではなく、今後も景気の波によって繰り返しそうな気もする。

  • あまりにも壮絶な搾取。マンガが視覚的にもうったえかけてきて、思わず体が固まってしまいました。プロレタリア文学の金字塔がこんなにも手軽に読めてしまうとは、ありがたいです。ただ、原作を手にする勇気はわきませんでした。辛すぎです。

  • 今も本質はこの頃と変わっていない

  • 原作読了後の頭の整理のために読みました。個々のキャラが強すぎちゃうので読んでいて違和感はありますが、原作の伝えたかったことはざっくり書かれていると思います。一部、原作にない場面があったりもしますが、やや会話内容の難しい原作に比べれば、そこは漫画の優位性を生かして比較的頭に入ってきやすいです。

  • あぁこんな時代も。。。じゃないな。過重労働とか、いまでも本質は変わらないし。
    むしろ格差は陰湿なかたちで広がってるんじゃ? こころまで貧しくなったらあかん。

  • サクッと読めるのはいいね。

  • kindle10円セール。内容すっかり忘れていて、あー、こんな感じだったなと。元の話にはそこそこ忠実だったような気がするが、それもあまり自信はない。
    SABU監督した映画版も10年くらい前に見た記憶があるが、それも高良健吾とTKOの二人がよかったことくらいしか記憶にない。

  • 今度は原著を読んでみよう。

  • 映画「ビリギャル」で、主人公が『蟹工船』を読んだ感想を熱く語っていたのを見て興味が湧き、とりあえず漫画で読んでみた。

    生まれる時代や環境が異なれば、自分も蟹工船や炭鉱などの劣悪な職場で働いていたかもしれないと思うとぞっとする。

    今の日本はそこでの一人一人の働きが土台として築かれているのかと思うと感謝の気持ちしか浮かばない。

    少なくとも今の自分は本当に幸せな環境にいると思わされた。

全11件中 1 - 10件を表示

小林多喜二の作品

ツイートする
×