成金 青春経済小説 [Kindle]

著者 :
  • 徳間書店
3.62
  • (3)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (248ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっと安っぽいかな。小説としては。

  • 似た設定だなと思ってたけど、そういうことか。
    成金いいね。

  • 面白かった。欲望に忠実な男たちが勝つために騙し騙され勝ち負けどんどん物語を描いて行くさまがとても心地いい。

  • ホリエモンが、小説書くとは、知りませんでした。経済小説として、まあまあの、面白さがありました。まだまだ、高杉良とかには、叶いませんが。

  • ホリエモン、小説第二弾。
    前作「拝金」に登場する"オッサン"の若かりし頃の話。
    1990年〜2000年代のITベンチャーバブル、特にソフトバンクをモデルとしたような携帯電話のあれこれ。
    決して読み易い文章ではないが、当時をあれこれ思い出し、モデルを想像しながら読むのは面白かった。
    (電子書籍 kindle)

  • kindleにて読了。

    当の世界を垣間見たようで面白かった。
    まわりは強者ばかりですね。

    気になったところを何か所かハイライト(メモ)していたのですが、半分が鮫島のセリフの箇所でした。


    位置No.2341辺りにある、
    「鮫島が椅子を引いて座るよう促す。」の一文は
    「景山が椅子を引いて座るよう促す。」の間違いですよね?
    元がどうだったのかはわかりませんが。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

1972年、福岡県生まれ。実業家。SNSmedia&consulting株式会社ファウンダー。元株式会社ライブドア代表取締役CEO。現在は、ロケットエンジン開発を中心にスマホアプリ「TERIYAKI」「755」のプロデュースを手掛けるなどさまざまなジャンルで活躍。会員制コミュニケーションサロン「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」のメンバーは2千人を超える。おもな著書に『ゼロ』(ダイヤモンド社)、『本音で生きる』(SB新書)、『多動力』(幻冬舎)、『むだ死にしない技術』(マガジンハウス)ほか多数。

成金 青春経済小説のその他の作品

成金 (徳間文庫) 文庫 成金 (徳間文庫) 堀江貴文
成金 単行本(ソフトカバー) 成金 堀江貴文

堀江貴文の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする