拝金 青春経済小説 [Kindle]

著者 :
  • 徳間書店
3.48
  • (6)
  • (25)
  • (22)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 170
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (159ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フィクションということになっているが,ノンフィクションとして読むと面白い。

  • おもしろかった!フィクションだからできるノンフィクション。裏工作がどこまで事実なのか。マネーゲームって難しい。あと、夢って大切。ロケットはもうなるんだろうか?

  • 電子書籍で読了。2010年に読んで以来の再読。
    ライブドアによるニッポン放送買収などをモチーフとしたフィクション。
    欲にまみれて、欲を突き抜けた男たちが名乗る誇り高き異称が拝金。
    10年前から自分はプチ成功はしたけど、このレベルにまではまだまだ到達できていない。

  • うだつの上がらないフリーターが、ある「おっさん」との出会いから、億万長者になっていく話。

    自己啓発的な要素は少なく、企業買収がどうとか、アイドルとか女子アナとの夜遊びがどうとかいう内容が多い。面白いけど、ためにはならない。

  • 本当のお金持ちの暮らしが、そのポジションにいるほりえもんだから語れる詳細な描写で描かれていて、興味深かった。

  •  フリーターの青年、藤田優作が、チーフディレクターこと堀井健史の指導によって、ゲーム制作から巨大IT企業、ネクサスドアの社長にまで登り詰める。隠れ家の銘店の味や、ヒルズ族のパーティーなども描かれる。
     しかしプロ野球球団のオーナーになろうとして失敗、テレビ局を買収しようとして失敗。
     東京地検特捜部の強制捜査が会社に入って、主人公は入獄する羽目になる。
     この小説を作者は、「欲の世界を突き抜ける」感覚を共感してほしくて、書いたとする。
     作者が著作料で得るお金は、企業経営に比べてわずかだろう。
     投資した宇宙産業のロケット打ち上げも、2度失敗している。堀江貴文がライブドア時代のように、再び活躍できるかは不明だ。

  • ホリエモンの自叙伝の小説
    本を初めて読んだけどどっかでこの映画を見た記憶があるけど思い出せない、違うタイトルで映画化したのかな?

    改めて自分の人生との違いを感じさせられた
    いろんな意味で自分は何てビビリなんやろう
    ただだらだら生活していくだけでいのか、家庭を守るっていう意味では間違ってはないけど色々考えてしまった
    なんでもいいからこれだけは人には負けないってものがほしい

  • 2017年1冊目
    今年最初の1冊目はホリエモン。自分自身をモデルにした小説です。
    IT企業を立ち上げ、売り上げ1,000億以上の企業とし、若者たちからは支持を受けるが、プロ野球球団を買収しようとして既存の勢力からは嫌われたり、次にTV局の親会社のラジオ会社の株式を大量取得したり、最後は株式の不当な価格調整やインサイダー取引などの疑いから収監されるなど実際に聞いた話など。
    あとがきでも本人が語っているがフィクションだが、事実を一部入れているそうだ。それが宝探しのつもりで読んで欲しいと。ホリエモンは今でもいろいろな活動をしているが、本書でも自分ややりたいことがいっぱいあると。そしてお金があればやれることがどんどん広がると感じていることが原動力になっている。
    本書はホリエモンならではのストーリーで、ああいう生活を体験していないと書けない小説ですね。

  • ライブドアを率いた堀江貴文氏の自伝的小説。「ライブドア」事件は、既得権益が新興勢力を潰した権力闘争の面が強かった事を改めて思い出した。ベンチャー起業家として一世を風靡した堀江氏の発想力と行動力は素晴らしいかったが、今の堀江氏は評論家然として世論操作的なことで小銭稼ぎをしているのが残念。どうせなら事業家として新しい事に再チャレンジしてもらいたい。

  • そうだな、金で買えないものはない
    そう言えるくらいぞくぞくするような高揚感の
    ためにあらゆるものを消費する人たち
    これが勝ち組なのかなぁ・・・
    でも 普段知ることのない
    お金持ちの内情をここまで読めるのは
    やっぱり面白かったです

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1972年、福岡県八女市生まれ。実業家、株式会社ライブドア元代表取締役CEO、SNS media&consulting株式会社ファウンダー。宇宙関連事業やオンラインサロン運営、作家活動など幅広く活動。

「2020年 『スマホ 人生戦略』 で使われていた紹介文から引用しています。」

拝金 青春経済小説のその他の作品

拝金 単行本(ソフトカバー) 拝金 堀江貴文
拝金 (徳間文庫) 文庫 拝金 (徳間文庫) 堀江貴文

堀江貴文の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

拝金 青春経済小説を本棚に登録しているひと

ツイートする