拝金 青春経済小説 [Kindle]

著者 : 堀江貴文
  • 徳間書店 (2010年6月30日発売)
3.40
  • (4)
  • (17)
  • (13)
  • (8)
  • (0)
  • 本棚登録 :106
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (159ページ)

拝金 青春経済小説の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フィクションということになっているが,ノンフィクションとして読むと面白い。

  • ライブドア事件を題材にした堀江貴文氏の小説。
    「おっさん」の指示に従い、バイト暮らしからIT企業設立者となって成功する青年。頂点に上がって、そしてそこから落ちてゆく様子はまるでジェットコースターのようです。最後の方になって「おっさん」の真の目的がわかる。

    プロ野球球団の買収やラジオ局の株買収などについて、ノンフィクションにフィクションを混ぜながら書かれています。
    IT長者や女子アナ、モデルなど旬な人々が集まるパーティーの様子なども実体験に基づいていそうで興味深かったです。

  • 非常に面白い。
    著者と重ね合わせて読んでしまい、思うつぼなのがちょっと気に入らない。

  • 読み始めてから3時間ほどで読了。
    堀江貴文著の我が闘争を読んでから読んだので感情の起伏もなく淡々と読むことが出来た。

    当時のホリエモンを追体験するかのようなつくり。
    読みやすく出来ている。
    半面、浅く広く出来事を網羅しているので深さがもう少しあればなと思う。

    自分も事業で成功して主人公の住む煌びやかな世界を見てみたいと思いました。
    そこで自分は何を思うのか。どうでもいいと思うのか、自分の欲望と向き合ってみたいなと思いました。

    また、自由なこと、やりたいことをやるために金が必要というのは全面的に賛成です。やはり金の心配をしているうちは身動きが取れんです。
    自分も次に何をやろうかなと考えてます。

  • ちょっと安っぽいかな。小説としては。

  • セレブパーティーの話が面白い。
    脳内麻薬の出し方も参考になる

  • 堀江さんの書いた、一部自分のライブドア時代もモチーフにした小説。「金持ちになる、お金を持つってこういうこと」が書かれてる。

    怪しげなおっさんの持ちかけたビジネスに乗っかった若者が、携帯アプリからどんどん成功して成り上がっていく姿は痛快。そして成功者だけが見える華やかな世界は、生々しく、欲望が渦巻いているって感じ。それゆえに権力から睨まれ、嵌められた姿も、きっと彼自身が感じたものが書かれてるんでしょう。

    おっさんの個人的な遺恨を絡めて、小説っぽく読みやすくなった感じ。どろどろしてるけど、所詮お金の話で、最後はスカッともしている。拝金主義だけど、一部お金は所詮お金、と見放している、堀江さんの考え方が見える気がする。
    一世を風靡した現役の起業家の半自伝なんだと思えば、一回読んどいてもいいです。

  • 展開にスピード感があって読みやすかった。見たことのない世界に興味がわく。

  • ホリエモンが自分の体験を元に書いたフィクション小説。ライブドア事件の裏側が分かって面白かったです。

  • 一人の貧乏な青年が上場企業の社長になるまでのストーリー。基本的にフィクションだが、堀江氏の実体験が混じっているので「ここもフィクションか?」と考えながら読めて単純に楽しかった。
    自分に当てはめてすぐ行動に移せるかと言ったら難しいが、この本の中に出てくる「オッサン」のような存在に出会えたら、それ以上の幸運はない。出会いたいw

全17件中 1 - 10件を表示

拝金 青春経済小説のその他の作品

拝金 単行本(ソフトカバー) 拝金 堀江貴文
拝金 (徳間文庫) 文庫 拝金 (徳間文庫) 堀江貴文

堀江貴文の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする