文明崩壊 下巻 [Kindle]

制作 : 楡井 浩一 
  • 草思社
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (329ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半は滅亡した文明史であり、退屈。
    後半は現代史であり、興味深い。人口圧力が環境破壊、ひいては、虐殺を招く要因のひとつなど。

    ジャニス 集団思考 ケネディ大統領が学んだもの

  • 上巻と同じく面白かった。事例の数はどゆどん増えるが、根元的な法則は類似しているので、途中ややくどく感じられた部分はある。

  • 大冊!古今の崩壊した文明のパターンと、こらからの対策を論ずる。乱獲、森林伐採など現代の急務も多い。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ジャレド・ダイアモンド
1937年生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校。専門は進化生物学、生理学、生物地理学。1961年にケンブリッジ大学でPh.D.取得。著書に『銃・病原菌・鉄:一万三〇〇〇年にわたる人類史の謎』でピュリッツァー賞。『文明崩壊:滅亡と存続の命運をわけるもの』(以上、草思社)など著書多数。

「2018年 『歴史は実験できるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

文明崩壊 下巻のその他の作品

ジャレド・ダイアモンドの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

文明崩壊 下巻を本棚に登録しているひと

ツイートする