レイヤー化する世界 [Kindle]

著者 : 佐々木俊尚
  • 佐々木俊尚 (2013年6月26日発売)
3.88
  • (15)
  • (17)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :120
  • レビュー :23
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

レイヤー化する世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • よかった。ジャーナリズム。とくに批判するとこはなかった。まだまだ勉強不足か

  • ボヤッとしてた歴史認識(トレンド)の解像度が上がった。よくまとめられてる。

  • 全体3部構成のうち前半2部は現在の状況に至る歴史的経緯・必然を丁寧に説明している。当然、著者の論点は第3部に集中し、そこに多くの含蓄ある視点で書かれ、他書に類例をみないだけに面白い。ただ、ページ数の制約等のためだろうが、前2部が丁寧だっただけに、更に掘り下げが欲しいところ。本テーマの更なる探求に期待。

  • 国民国家・民主主義の崩壊を歴史的流れから紐解く。世界は均質化するのではなく、それぞれの属性によってゆるーくつながりながら、細分化し、富は世界中に分散する。それらを推し進めるテクノロジーとうまくやっていこうよという話。

  • ずっと前に買って、やっと読めた。

    批判する人も多いけど、自分には得るものが多かった。

    忙しいけどちゃんと本は読んでいきたい。

  • 国民国家がグローバル化でフラットになっていってひとつの〈場〉となり、個人は所属組織等ではなく属性(レイヤー)ゆるやかに規定されていくよ、という話。イメージとしては面白く、私自身、SNS などでは確かにそうだなぁと実感できる部分もあったのですが、実際にその世界を生きていく人間として、そんなになめらかに生きていけるものなのかしら…ということは思いました。それぞれのレイヤーはうまく分けられているものではなく、ひとりの人間の中で、双方向的に影響を与えあうような気もするので。

  • レイヤーという言葉を使っているくらいで、特に筆者独自の考え方が展開されているわけではない。植民地などの例を挙げ、ウチとソトの性質を利用して、ウチはソトから富を搾取してきたが、産業革命が終了してその成長が止まってしまうと、今までの仕組みは崩壊すると主張する。人々は今までの或を超えてつながりだし、権力構造は上から押しつけるスタイルから、下から管理する構造に転換する。人々の生き方は歯車のような人生からアメーバのような人生に代わっていく。自立しよう。。。。という内容。
     前半は世界史の教科書のようで膨大な情報量がつめられているため忍耐力を要するが、知識のない自分にとっては本書は大変勉強になった。

  • インターネットによって、国籍を超えた企業が労働と富のグルーバル化を進めることにより、国家の力は弱まり、ITを基盤としたシステムそのものが権力化する。ウチとソトがあいまいになり、いくつもの「場」が形成され広がっていく。

  • * 中世
    * 帝国
    * 民族
    * 近代
    * 国家
    * 国民
    * 未来
    * 場
    * レイヤー
    * 共犯関係
    * キーになる考え方
    * ウチとソトを形成することにより、ウチのなか(例えば、国等)の繁栄を目指してきて、実際に人類は発展してきた(中世→未来)
    * 未来には、そのウチとソトという境目はなくなり、シームレスに世界は動き始める
    * したがって、内側で繁栄するという活動はこれまでのようにできなくなり、そのような発展の方法だけでは、今後の発展は難しい。
    * これからは「場」と「レイヤー」という考え方が台頭してくる
    * 場とはFaceBookなどを始めるプラットフォームのようなもの、そこではすべての動きがプラットフォーム開発者にフィードバックされている
    * レイヤーとは、人間それぞれのステータスや活動なのど、その人を形作っている様々なモノである(テニスサークル、会社の同僚、学校の友人など)。
    * これまでウチとソトでつながっていた・分かれていたという関係性は、ウチソトの境目がなくなることによりこのレイヤーでつながることとなる。また、このつながりはゆるいものとなる。
    * 自分とは、幾重にも重なるレイヤーのすべてを通した光のようなものになり、我々はその光がどのようになっているのか、常に確認する必要があるのではないか。
    * また、その「場」というプラットフォームの開発者に情報をとられていることを嫌うのではなく、その利用するからゆえに得られるメリットを十分に活用することが今後必要なのでは?=共犯関係。



    * 思うこと
    *
    * 自分を構成する幾重ものレイヤーを、透き通る光、というものが自分であるというワードは、とてもしっくりきた。これを自分のなかで見つめ直しつづけ、独立していくということが大事なのだろう、アイデンティティーになるのであろうと、感じた。
    * ウチとソトという考え方もおもしろい。というか、これまでただ単に「古い考え」だと思っていた、ものに新しい言葉が与えられた気がする。しかし、この考えがただおkということではなく、その内側で繁栄されるというメリットもよく考えることが必要。全く専門がない、というのもいかがなものかという意見がある。
    * 個々人として、光を考えていくとなると、モチベーション、目標、目的がどれほど大事になっていくことか。。。

  • 「場」と「レイヤー」という考え方が非常に参考になった。
    今の自分が色んな所に顔を突っ込んでいながら、
    どれも身になっていない気がしていたため、
    反省していたところだが、自分がたくさんのレイヤーを
    持っていると考えたら何だか納得できた。
    逆に、自信が持てた。
    これからは持っているレイヤーを活用することを考えよう。

全23件中 1 - 10件を表示

レイヤー化する世界のその他の作品

佐々木俊尚の作品

レイヤー化する世界に関連するまとめ

レイヤー化する世界はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

レイヤー化する世界を本棚に登録しているひと

ツイートする