目白台サイドキック 女神の手は白い (角川文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 角川書店
2.71
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (191ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • クセの強い人物が探偵役を務める作品は多い。

    性格に難ありだったり、口が悪かったり、協調性がなかったり…。そんな主人公の作品をもっと読みたいと思えるのは、ストーリーの展開もさることながら、クセが気にならないほどこの主人公にもう一度会いたいと思えるときだろう。

    この作品も、キャラもそうだが、設定も少々変わりダネだ。

    組織からはみ出している刑事、南塚と、南塚がいそろうする館の主人、北小路、そして新米刑事無藤の三人が
    事件の真相を追うという設定になっている。

    こういう設定も、好き嫌いがわかれそうだ。

    頭脳明晰でこれまでも数多くの事件を解決してきた南塚は現在休職中。

    南塚が前に解決した事件に類似した殺人事件が発生したことから、彼を呼び戻す指令を無藤が受ける。

  • 文章が読みやすく、キャラクターも一人一人が個性があって楽しく一気に読むことができました。

    ただ続編に続けるためか事件についての真相があいまいな部分も多く、
    この1冊だけではすっきりしなかった印象もありました。

  • 面白くはあったけれど。
    最後の最後で、アレ??な感じに。

    確かに伏線はありましたけれど。
    その設定必要……だと、著者さんは思われたんですね。
    私は面白いと思いましたけど。(もごもご。)
    続編でスッキリすると良いなと期待致します。

  • どう評価していいか悩む作品。
    ミステリ的には凡庸。太田忠司に求めているところもそんなにはない感じ。只、この先の続編が見えているのでその辺りでいい感じになるのかもしれず。しかし、いろいろな問題はあるにせよ作者は終わってない作品が多いのでその辺りも心配といえば心配。

全4件中 1 - 4件を表示

目白台サイドキック 女神の手は白い (角川文庫)のその他の作品

太田忠司の作品

目白台サイドキック 女神の手は白い (角川文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

目白台サイドキック 女神の手は白い (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする