僕だけがいない街(2) (角川コミックス・エース) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 角川書店
4.17
  • (37)
  • (47)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 293
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (1ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 18年前の“小学生連続殺人事件”の真犯人を、感づいてしまった母親が殺されてしまい、その真相を探るために、悟が小学生だった頃へと“再上映(リバイバル)”する。

    当時、その事件の犯人にされてしまった青年や、事件の3人の被害者たち(少女2人・少年1人)、そして悟の母親を救おうと、出来事の流れを次々に変えていく。

    しかし…変えたはずの出来事が結局、軌道修正されているようで??

    被害者のひとり雛月ちゃんと悟が、だんだん打ち解けていき恋心が芽生えていくところや、悟を含めた仲良し5人組がイイ奴ばかりで、事件のことなど忘れてしまいそうだ。

  • 小さかった頃に今の記憶のまま戻ったら、周りの小さかった頃の友達をこんな風に冷静に見れるのかもしれない。面白い着眼点だなぁ。
    雛月ちゃんが魔の手から逃れられると良いんだけど。

  • 1巻目が悟と母親(少しアイリ)がメインで、2巻目は悟と加代。テレビアニメでは、この辺がメインになってたね。やはりドキドキしてしまう。悟は未来を変えられるのかな?

  • 自分に注がれる母親の愛情を実感し、やる決意をする。その先にあるのは雛月。
    大人だからこそ、気付けることもある。
    「また明日」と大声を出した気持ち、よくわかる。

    「あ?」と思ったところで続く。

  • 「マンガ大賞2014」などで話題になっていたのは知っていたが、漫画だけしかないという点からスルーしていた。

    きっかけは2016年1月からのアニメ化および2016年3月公開予定の映画化でなんとなく話題性が高まっている中、たまたま「週刊ジョージア」アプリ内において無料公開されている「マンガ傑作選」で第1巻第1話を読んだことだ。

    あまりの面白さに続きが気になり、第2話も読んだところで、
    「よし、今迄発売されている全部を読もう!」
    と決心し、2015年11月現在で単行本化されている6巻までを1日で読破することになった。

    そこまで夢中にさせる内容で、続きが読みたくなる展開や内容は本当に素晴らしい。

    アニメきっかけやドラマきっかけ、映画きっかけなど様々なきっかけがあり逆に漫画を読んだことはあったが、その前に第1巻第1話がきっかけで全部読破するとは思わなかった。そう、それだけ魅力ある引き込まれ方をした作品であったということだろう。

  • セール中に購入。
    やばい。面白い。
    展開が全く予想がつかない…というわけではないけど、ドキドキ感がある。
    犯人かな?と思われる人が何人かいて、なんだか不気味。
    でも2巻が子供時代だからか、読んだ時間が真夜中じゃなかったからか、1巻よりは不気味さが軽くて、読了後トイレに行けない感はなかった。
    主人公の中身が大人なので、なんとなく安心して読んでいられる。

  • 母親が何者かに殺害された。
    原因となる時代は何と小学生…。そこから新しい未来が作れるか?主人公は、当時身近に起きた誘拐事件を回避するべく、行動を開始する。
    それは、母親を救う行為でもあった。

    うまくいったと思いきや…誘拐事件は、、、

  • 過去を変えるため、友達を救うため、冤罪を無くすため、母を取り戻すため、小学生にまで戻った悟。
    事件を無かったことにするためにひとつひとつの原因を潰していく。
    うまくいっているように見えたが、結局同じストーリーを歩いてしまうのか・・・
    やはりタイムループものは何回も何回も同じ事を繰り返さなくてはならないのか?
    しかし小学生からだと長いよねー。
    精神のほうが持たなくなりそうだな。
    みたいな感じ。
    しかし僕がタイムループものを好きなのはやはり僕自身があのときに戻りたいと思っているからなのかな?

  • 過去を変えるんだという明確な意思を持って、小学生に戻る。記憶は28歳、体は10歳。このギャップ中々受け入れがたいと思うが。悟の距離感は人が好きなのに近づけない、近づき方がわからなくてもじもじしてるように見えてちょっともどかしい。「子供が何事かにやる気を見せてるんだからさ、こっちが手伝ってあげようよ。親なんだから。」そんな風に言える親になりたいものだ。その息子があれなのはさておくとしても。

  • 現在にもどってもおもしろいままですごい

全14件中 1 - 10件を表示

プロフィール

北海道出身、千葉県在住。第40回「手塚賞」佳作。第41回「手塚賞」準入選。1995年「アフタヌーン四季賞 春のコンテスト」準入選。『僕だけがいない街』がベストセラーとなり、TVアニメ化、実写映画化。現在、『夢で見たあの子のために』を連載中。ほかの著書に『カミヤドリ』、『鬼燈の島』、『魍魎のゆりかご』など。

「2018年 『僕だけがいない街 Another Record』 で使われていた紹介文から引用しています。」

僕だけがいない街(2) (角川コミックス・エース)のその他の作品

三部けいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする