闇の歴史、後南朝 後醍醐流の抵抗と終焉 (角川ソフィア文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (247ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旧南朝の残党、いわゆる後南朝の歴史を追った本。ニッチな、とてもニッチな。
    南北朝の動乱が集結した後も、後南朝が100年に渡ってさまざまな動きをしていたとは知らなかった。室町幕府に対してさまざまな勢力が反旗を翻し、そこに南朝の後胤が旗印として擁立される。義満の時代に確立したとはいえ、室町幕府の体制は盤石とはとは言えず、後南朝およびそれと結んだ勢力に長い間悩ませられてきた、と。後南朝を通して、南北朝以後、応仁の乱以前の状況がよくわかって非常に面白かった。

  • 一般向けの歴史ミステリを期待して読んだが、違ったようだ。より専門的な内容。
    関心がある人向け。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

*2019年8月現在 福岡大学人文学部教授

「2019年 『懐良親王』 で使われていた紹介文から引用しています。」

闇の歴史、後南朝 後醍醐流の抵抗と終焉 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

森茂暁の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

闇の歴史、後南朝 後醍醐流の抵抗と終焉 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする