一瞬の夏(上) [Kindle]

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (221ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 沢木さんフィバーが来ている中で読んだ本
    深夜特急にも絡めて書いてあるところが面白かった。
    どこかの路上でアリの試合を見るシーン
    流星一つでもそうだけど、一つの物語でふと他の話が出てくるところがノンフィクションの面白い所だよなあと思う。ボクシングも好きなので楽しく読めました。
    内藤が復帰後ボクシングで勝ち続けていく姿をみていても不安が頭を離れないのはやっぱり題名のせいなんだろうなあ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

沢木 耕太郎(さわき こうたろう)
1947年東京生まれのノンフィクション作家、小説家。横浜国立大学経済学部卒業。大学卒業後、ルポライターとして活動、注目を集める。
浅沼稲次郎暗殺事件で刺殺された浅沼と、その犯人である少年を描いた『テロルの決算』で第10回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。以後、バックパッカーのバイブル『深夜特急』をはじめ、スポーツや旅などを題材にした多数のノンフィクション作品、小説などを発表。2000年に初めての書き下ろし長編小説『血の味』を刊行し話題となる。
2003年これまでの作家活動で第51回菊池寛賞、2006年 『凍』で第28回講談社ノンフィクション賞、2013年 『キャパの十字架』で第17回司馬遼太郎賞をそれぞれ受賞。

一瞬の夏(上)のその他の作品

一瞬の夏 上 単行本 一瞬の夏 上 沢木耕太郎

沢木耕太郎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする