美濃牛 探偵石動シリーズ (講談社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.89
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (470ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「美濃牛」(殊能将之)[電子書籍版]を読んだ。最近なんとなくこの方の名前を目にするので読んでみた。確かに雰囲気とかスタイルとか持っていそうな方ですな。とりあえず今回読んだこれはまあ面白かったけど。
    ところで「Kindle Unlimited」は今ひとつありがたみがなさそうだなあ。

  • 2018.07.05読了
    探偵石動シリーズがある事は知らなかった。
    ただただみなさんの評価をみて、読みたくて読みたくてブックオフの入庫お知らせメールが来たとみるや即買いした。
    届いてみれば私好みの分厚い文庫。ワクワクした。
    楽しみすぎてなかなか手が出せなかった。

    読了感。んーーー、まあまあ。
    分厚い割に内容が薄い。半分くらいの厚さに出来たでしょー。
    ウシウシ言ってるし、題名も美濃牛なんだけど、なんでそういう作品名になったのか?わからない。
    次々に起こる事件の元凶となった人物の正体には、みなさんも薄々気がつかれると思いますが、
    でもねー、無理があるからありえない!って思っていたら
    まさにそのゴリ押し結末だった
    長編好きの私でさえもあーあ、とあくびをしながら読んだので我慢強くない方にはオススメ出来ない

  • ダジャレ?

  • ハイクを詠め

  • ミステリ部分も勿論いいんだが俳句のシーンとかそういうとこがまた良いんだこれが。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1964年、福井県生まれ。名古屋大学理学部中退。1999年、『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞しデビュー。著書に『美濃牛』『黒い仏』『鏡の中は日曜日』『キマイラの新しい城』(いずれも講談社文庫)がある。 2013年2月、逝去。

「2016年 『子どもの王様』 で使われていた紹介文から引用しています。」

美濃牛 探偵石動シリーズ (講談社文庫)のその他の作品

殊能将之の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする