ペタル ダンス [DVD]

監督 : 石川 寛 
出演 : 宮崎あおい  忽那汐里  安藤サクラ  吹石一恵 
  • バップ (2013年9月25日発売)
3.15
  • (13)
  • (15)
  • (39)
  • (25)
  • (1)
  • 本棚登録 :247
  • レビュー :38
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021137966

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学からの友人である、ジンコ(宮崎あおい)と素子(安藤サクラ)。
    ある日、同じく大学時代の友人で、一人だけ地元で暮らしているミキ(吹石一恵 )の妙なうわさを耳にする。
    それは、彼女が自分から海に飛び込んでおぼれたものの、助かったというものだった。

    ジンコたちは休みを合わせ、うわさの真相とミキの様子を確かめようと、彼女のいる町へと向かうことにする。

    ジンコの勤め先の図書館で出会った原木(忽那汐里)も運転手として加わり、3人でミキの住む北の町へと向かうのだったが…。

    ーーーーーー

    空気感を楽しむ映画。

    とても静かでとてもリアルでとても哀しくて、なんだか優しい映画だと思った。

    答えが出せないことなんて世の中いっぱいあって、それでもなんとか支え合って人は生きていくんだな。

    支え合うとは、何か大きなことをするというよりも、ただ時間を共に過ごすってこと。

    「ちゃんと同じ場所にいるよ」という最後のジンコの言葉はすごくすごく励まされる。

    何かができるよりも、
    同じ場所に立っていてくれることが、
    多分、いちばん嬉しいことなんだと思う。

  • 再会がもたらした物は、風強い海があの日を思い起こさせてくれて。
    交わす言葉は、凄く近くにいるのに儚くて、風と共に飛ばされてしまいそうで。
    でも時に力強くて。

    会いたい思いと。
    何故今?という思いが交錯して、胸を締め付けられました。

    あの日から何も変わっていないのに。
    変わってしまう事が本当は怖かったのかもしれなくて。
    でも彼女達は、それぞれに今ここにいて。
    感じている姿がありました。

  • それぞれが、それぞれの人生を、それぞれの感覚の中で生きている。
    たとえ同じ場所に立っていても、全くの別物なんだよね。

  • ストーリーが素晴らしくて、演者が素晴らしくて見るという映画があるとするなら、わたしにとってペタルダンスは、心にはまる情景 が映されているがために見る映画だなと、再確認。
    つまりは、ぼんやりしてても何となく追える(悪口でなく)。
    明けていく空なのか、暮れていく空なのか、冬の一番胸を打つ情景がただただ、好き。

  • アプリからだと見つからないのなぜ。

    なーんにも起こらない映画。ほとんどが想像で、脚本も即興的。心が荒んだ時はひらけたよい景色が必要。

  • 退屈だなあと思った。何もないようで何かある映画ではなかった。感覚にうったえかけるものでもなかった。言葉につかえたりするのはリアルで悪くはなかったけれど、ありそうな映画を観てるというよりもドキュメンタリーを観た気分。だから、彼女たちの言うこと・することに興味も共感も持てなかった。

  • 二回目観たら良い映画だった。

    終始ローテンション。

    好き嫌いが別れると思う

  • よかった。ね。

  • 空の色からずっとグレー。
    衣装も似たようなトーンの女性陣。とにかく寒々しく静か。

    間違って言いなおしたり、かぶったりしたものまで使用しているような、とても自然な会話。
    特にミキに合った後の二人の車内がいいなぁ。
    「なんで」はない。


    忽那汐里、なんて言ったかとても気になる独り言?から
    はまるいい表情。まぶしいのに身近にいそうな好きな雰囲気。

    後半は突然の臭いセリフがやや気になる。
    ミキの自殺未遂原因は思った通り明らかにならず。

  • 石川寛監督作品ということと(石川寛監督作品は、「tokyo.sora」が印象に残ってます)、安藤政信さんが出ていたので観てみたんですが(安藤政信さんの出演作品は珍しいので)、素朴というか、余計なものが入ってないというか、純度が高いというか、そういった雰囲気の映像のロード・ムービーといった印象です。

    大きなストーリー展開があったりするわけではないので、風景を見るくらいのゆったりした気持ちで観ると良い映画かもしれません(この作品を小説化したら、登場人物たちの心情や背景を、もっと知れたりするんだろうなあと思ったりしました)。

    ただ、これは僕が歳をとってしまった証拠かもしれないですけど、映画の世界観が、ちょっとナルシスティックすぎるかなあとか、繊細すぎるかなあとか思ったりしてしまいました・・・。

全38件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ペタル ダンス [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする