トランス [DVD]

監督 : ダニー・ボイル 
出演 : ジェームズ・マカヴォイ  ヴァンサン・カッセル  ロザリオ・ドーソン 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2014年2月5日発売)
2.98
  • (5)
  • (16)
  • (46)
  • (22)
  • (3)
  • 本棚登録 :170
  • レビュー :39
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142979728

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ♥~ 女に復讐された男の悲劇 ~♥

    ギャンブル依存症のサイモンは借金で
    にっちもさっちもいかなくなり
    催眠療法に頼ることにした

    通院開始後、
    催眠療法士エリザベスと恋仲となる~♡
    ところが、サイモンは
    性格が悪いのでエリザベスに捨てられる

    捨てられたサイモンは
    エリザベスに嫌がらせを繰り返すが
    催眠療法によって封印

    職権乱用だが
    効果てきめん

    サイモンはエリザベスを忘れてしまった

    しかし、
    エリザベスは別の企みをも
    催眠療法したので
    踏んだり蹴ったりの目に遭う
    サイモンでした

    面白そうで
    いまいち
    面白くなかった

    ダニー・ボイル

  • オークションハウスからゴヤの名画を奪ったものの、仲間を裏切って一人で絵を隠してしまったサイモン。しかも、仲間たちから暴行された時に頭を打ってしまったがために記憶を無くしてしまい、仲間に拷問をされても絵をどこに置いたのか思い出せない。
    これにはリーダー格のフランクも困りかね、催眠術で絵のありかを探せないかと企てるが…。

    大好きなマカヴォイさん主演のアートネタ有りサスペンスってことで観たけど、スタイリッシュだし頭使わされるし音楽カッコいいし、観ている間の恍惚感はかなり高い。

    が、観終わった後にストーリーをじっくり反芻してみると、色々と腑に落ちなかったりご都合主義だったりするアラがかなり気になる。夢オチならぬ催眠術オチで、何が真実で何が幻だったのか全て作リ手が操作できてしまうので、こういう展開を好かない観客も多いかもしれない。
    もっとも、私自身は上述の通り思い切り楽しんでしまった。ジェームズ・マカヴォイやヴァンサン・カッセル、そしてロザリオ・ドーソンの演技が非常にうまく説得力があったので、観ている間は完全に丸め込まれていたというべきか。
    特にこの映画ではロザリオ・ドーソンの演技に全てがかかっていたと言っても過言ではないはず。彼女のミステリアスな雰囲気が映画全体の印象を支えていた。この人、シーン毎に与える印象が大きく変わるカメレオン女優だなぁ。

  • 字幕: 松浦美奈

    映像も音楽もスタイリッシュで美しい。そこに結構エグい暴力や、ミクロ・ワールドの細かい描写があったりと、そこは『127時間』で経験済みのボイル・ワールド。

    …なのだけど、ちょっと話自体が複雑にし過ぎている(と言うか、複雑に見せようとし過ぎている)と言うか。(しかも映像がその複雑化に一役買ってるし。)
    「実はこうだった」的展開が何度も現れ、皮を剥いて皮を剥いて皮を剥いていった先が、これか、という若干の肩透かし感。

    恐らく、結末よりはそこに至るまでの過程を楽しめばそれでいいのかもしれない。さらに言うなら自分の理解力が浅いだけかもしれない…のだけど、正直、終わってみるとチカチカピカピカする映像と感情を煽るようなベースの効いたリズムしか頭に残らない感じ。

    女史の字幕は冴えわたってた。ベタベタのラブ・ロマンスとか感動のヒューマン・ドラマより、ちょっとドライでスリルのあるハード・ボイルドな作品の方が、この方は本領を発揮するのではないかと。

  • ジェームズマカヴォイ好きやねんけど、役が好きになれない場合が多い。これもサイモンが好きになれなかった。

    どこからどこまでが催眠状態なのか…

  • 最後ははっとさせる展開ではあったけど何が現実だったのかよくわからず消化不良気味

  • かのダニーボイル監督だというので見た。ストーリーはありきたりで、端的に言うと自分勝手なひどい話。

  • けっこうなご都合主義の仕掛けなので
    意外性はとくになかったな

  • DFW - SFOで視聴。脚本・設定は相当いい加減。そりゃないだろ、という展開なんだけど見ている限りは面白い。精神科医役のロザリオ・ドーソンを鑑賞する映画という感じか。

  • ふつう泥棒系のアクション映画だとそれなりに盗品に関してのネタも十分に入れるのですが、ゴヤの名画「魔女たちの飛翔」などどうでもいいような作品。全く触れずに男と女の化かし合いが始まる。こういった絵画の関係する作品の多少のうんちくはほしいのですが、どうやら僕はマイノリティなんでしょうね。

    「トランス」
    https://www.youtube.com/watch?v=fMA4IGrSNSM

    ジェームズ・マカヴォイとヴァンサン・カッセル二人をロザリオ・ドーソンがいいように使い時価40億のゴヤの名画の強奪を企てる。R-18指定にしてもよさそうなロザリオ・ドーソンの裸体を拝めるがありがたみも感じられない。というよりもストーリー的に当初から違和感を感じ始め、さらには彼女の体の張った治療?にも違和感が…

    正直、嫌いですね。彼女が企て罪のない女性が殺されたにもかかわらず40億の懐に入れ微笑んでいる女性を見ているのにはかなりの嫌悪感があのトランクの腐乱死体を見たら悪者がのさばったままはどうにもこうにも

  • ダニー・ボイルですね。
    催眠なので、色々な表現が可能で、期待通りに楽しませてもらいました。

全39件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする