1984年 ─まんがで読破─ [Kindle]

  • イースト・プレス
3.40
  • (1)
  • (8)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 75
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (193ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ①漫画のほうが読みやすい。
    ②こういうのさっと読んで話をするのも良いかも
    ③良いんじゃない?

  • 高校生のころ1984年を向かえ読んだが、こんな話だったのか。全然覚えてなかった。理解してなかった証拠。

  • Kindle で10円で読める

  • ・4/25 読了.結局最後は不明のまま物語は終わるのか.戦争を続けることも思想を規制することも世界の一部ではまだ行われているから、1984年から20年以上経ってもジョージ・オーウェルの予言が一部当たったままということを考えると、そら恐ろしい.

  • 全体主義への抵抗

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

George Orwell【1903-1950】 邦訳書に、『オーウェル小説コレクション 4 葉蘭をそよがせよ』(高山誠太郎訳、晶文社、1984年)、『1984年 ハヤカワ文庫NV8 』(新庄哲夫訳、早川書房、1972年)、『カタロニア讃歌 ちくま学芸文庫』(橋口稔訳、筑摩書房、2002年)、『ビルマの日々 新装版』(大石健太郎訳、彩流社、1997年)、『気の向くままに』(オーウェル会訳、彩流社、1997年)、『ウィガン波止場への道 ちくま学芸文庫』(土屋宏之・上野勇 訳、筑摩書房、1996年)、『オーウェル評論集 1~4平凡社ライブラリ』(井上摩耶子他訳、川端康雄編、平凡社、1995年)、『空気をもとめて』(大石健太郎訳、彩流社、1995年)、『動物農場 角川文庫』(高畠文夫訳、角川書店、1995年)、『オーウェル小説コレクション 1 パリ・ロンドンどん底生活』(小林歳雄訳、晶文社、1984年)、『オーウェル小説コレクション 5 空気を求めて』(小林歳雄訳、晶文社、1984年)、『オーウェル小説コレクション 2 ビルマの日々』(宮本靖介・土井一宏訳、晶文社、1984年)、『オーウェル小説コレクション 3 牧師の娘』(三澤佳子訳、晶文社、1984年)ほかがある。

「2009年 『葉蘭を窓辺に飾れ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

1984年 ─まんがで読破─のその他の作品

1984年 (まんがで読破 MD100) 文庫 1984年 (まんがで読破 MD100) ジョージ・オーウェル

ジョージ・オーウェルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
ジェイムズ・P・...
岸見 一郎
マルクス+エンゲ...
クラウゼヴィッツ
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする