僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (集英社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 集英社
3.36
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (228ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中島らもが音楽と酒に傾倒していった学生時代から、酒に溺れて最初に倒れるまでの思い出を綴ったエッセイ。まぁ、気楽な読みもの。

  • 若いうちは誰もが苦しい。

  • 昨晩、高知の姉ぇ〜さんと青春モノベスト3の話をしていて、その流れで再読。
    本書はボクの青春モノオールタイムベスト3の一冊である。
    故らも氏は世代的にはずいぶん上になるが、その60年代末から70年代にかけての青春モノになぜかボクは弱いのである。
    世代が上の人たちの自分たちではリアルになり得ないモノへの憧れのようなモンだと思う。

    本書は後書きにらも氏が書いているように、明るくパッパラパーな時代とその後の暗く陰鬱な時代がごちゃ混ぜに描かれている。すでの躁鬱的な感じのにおいが垣間見られる一冊である。

  • なんとなく、少しくらい人生のレールを踏み外してもなんとかなるのかな?というような気持ちにさせてくれる一冊。そのような意味では、夢を見させてくれるといえるのかも。

全4件中 1 - 4件を表示

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (集英社文庫)のその他の作品

中島らもの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
森見 登美彦
岸見 一郎
カイザー・ ファ...
内田 和成
有効な右矢印 無効な右矢印

僕に踏まれた町と僕が踏まれた町 (集英社文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする