スワロウテイル (角川文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 角川書店
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (137ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 退廃の街、イェン・タウンに集まる、いわゆる不法移民の物語。
    身寄りのない若者が犯罪と売春で生計を立ててその日暮らしをしているある日、そこの歌姫が業界の人に見出され、成功の道を歩もうとした際に、ヤクザのゴタゴタに巻き込まれ。。という、ちょっと昔の映画にありがちなストーリー。
    ちょっと昔の映画の原作だから仕方ないんですけども。

    心を揺さぶられる訳でもないし、なにがある訳でもない。世の中には裏の世界があって、ギラギラした光があって。それでも、思うのは、景気のいい時代の話だっていうこと。これも昭和文学になっていくのかなあ。

  • 開いて読み始めたら面白くて止まらなくてお風呂カフェで読破してしまった。いま本棚に登録してる人が16人と少なすぎてびっくり。
    アゲハの話なのかなと思ったら本当はアゲハをとりまく人たちの話でだれ目線で読んでも物語に入り込めそう 私はグリコかな
    グリコはヒョウと繋がりたいけど自分は水でしかやってくことができなくてそんな自分を受け入れてもらえるなんて思えなくてなかなか素直にくっつけてなかったんだと思う そんなところにあの事件があって生活が変わってグリコは世間に堂々と立てるような立派さになって、でもヒョウはグリコの幸せを願ってるなんて言いながら本当は離れて行く彼女がさみしい
    兄がなくなっていろんな人が死んじゃってもグリコもアゲハもヒョウもリンも生きて行く、幸せになるために
    死んだら終わり。『イェンタウン』金が全て、金以外に何がある。
    そんなの当然だ。生きて行くのは、何かを生み出していかなきゃいけない、情だけじゃ何も意義がない

全1件中 1 - 1件を表示

スワロウテイル (角川文庫)のその他の作品

スワロウテイル 単行本 スワロウテイル 岩井俊二

岩井俊二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする