悪魔の辞典 (角川文庫) [Kindle]

  • KADOKAWA / 角川書店
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (330ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Kindle Unlimited。
    昔読んだ本の再読。シニカルで面白い。

  •  このところの安倍友学園、いや森友学園に関する騒動を見ていてふとこの本を思い出した。ある言葉に定義が当たられているが、その定義がなかなか辛口だな。



     例えば、窮地(predicament)は、節操の報いとなっている。どこかの防衛大臣やあの私人もどきのファーストレディ―の顔が浮かんでくる。



     責任(responsibility)は、神、宿命、運命、運勢、または近所の人の肩へとたやすく移ってしまう離れ易い負担。占星術が行われていた時代には、星に責任転嫁するのが普通だったとしている。なるほど、責任はポテトチップス並みの吹けば飛ぶような軽さなのか。



     あの理事長の独演会を見て、話すとはいったい何なのかとふと思った、悪魔の辞書には、話す(talk)は、目的のない衝動から、誘惑もないのに無分別なことをしてしまうと書かれている。



     大臣(minister)に関しては、かなり大きな権限をもっているが、責任が比較的軽い代行者とある。あの人も責任がミリ単位の薄さなのかな。それでは困るが。




     今回の本が最初に発行されたのは昭和50年で、今手に持っているのは平成5年の38版。それなりに需要があるのがわかる。

全3件中 1 - 3件を表示

悪魔の辞典 (角川文庫)のその他の作品

悪魔の辞典の詳細を見る 単行本 悪魔の辞典 アンブローズ・ビアス
悪魔の辞典 (角川文庫) 文庫 悪魔の辞典 (角川文庫) アンブローズ・ビアス

アンブローズ・ビアスの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする