海月と私(1) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.56
  • (2)
  • (7)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (183ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 海良い、行きたい

  • 素性不明の女が港町の旅館手伝いで働くことになる。セリフ回しとその性格と行動がちょっと特異なのだけどそこが巧くて面白い

  • 「作り話のような」と形容すると「作り話なんだよ」とツッコミが入るが,私の「作り話空間」のいずれとも直交するような軸で語られる話であり,読み終われば「それはそうだよな」という「作り話」を読んだ後の感想になってしまうのだが,読んでる途中は中々のハラハラ感があった.

  • 仲居を亡くした辺鄙な旅館のもとに、ミステリアスな女性が住み込みで働きに来る話。

    「こんなむさ苦しいおっさん」というセリフがあるけれど、画の上では「むさ苦しい」とは感じられず、目のまわりの皺は描かれているけれど、そのへんのリアリティがあまりない。

    ミステリアスな女性が来るっていうおっさんホイホイな設定ではあるけれど、そこは女性向けのアフタヌーンコミックスってことなのかもしれない。

    「ここから先は介護だ」「男と女として続けることができない」と男性が語るカップルの話は良かった。

  • 親父キラー

  • 20140528
    海に近いお宿のお話。
    この方の描く、押しの強い高感度高い人好きだなー

  • 〈内容〉大ヒット作『路地恋花』の麻生みこと最新作! 
    海沿いの辺ぴな宿「とびうお荘」は、主人とワケあり看板娘のたった2人で営業中。この宿にたどりつけたお客は、最高においしい食事とちょっとした幸運にありつけます。

全7件中 1 - 7件を表示

海月と私(1) (アフタヌーンコミックス)のその他の作品

海月と私(1) (アフタヌーンKC) コミック 海月と私(1) (アフタヌーンKC) 麻生みこと

麻生みことの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

海月と私(1) (アフタヌーンコミックス)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする