不格好経営 [Kindle]

著者 :
  • 日本経済新聞出版社
4.12
  • (18)
  • (20)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 138
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (163ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014年、1冊目はこの本にしようと決めていた。
    理由は、南場さんの振る舞いや発言に触れる機会があり、南場さんておもしろい人だと感じていたから。

    DeNAってソーシャルゲームで情弱者をうまく釣って儲けている会社でしょ?って思っていた。そう思っている人がまわりにも多い。
    本書を読むときっと変わる。
    良い企業を目指しているとわかる、南場さんのチャーミングさに惚れるwww

    起業や新規事業で悩んでいる人が大切なことは何かを考えるキッカケを与えてくれる。

    例えば、次のようなくだりがある。
    ・はじめからデキるスーパースターばかりに頼るのではない
    ・管理部門が1円単位で苦労して節約していることを知るとシステム担当は開発にかかる数千万円の重みを痛感する
    ・ユーザーに集中するという基本に戻らせてくれ
    ・新しい技術は、新しい遊び方、新しい事業を生む。すると新しい課題が発生し、事業者は軌道修正を求められる。この循環はワンショットではなく、イノベーションがある限る続いていく。
    ・本当に重要な情報は、当事者となって初めて手に入る

    よいキッカケをもらった。しかし答えではない。
    答えは自分の足と頭と心で掴むもの。
    本書はその一歩を踏み出す勇気をあたえてくれるだろう。

  • 南場さんというのはとても誠実な人なのだなという印象を受けた。それは共同創業者の方々との関係や、あとがきで語られるリクルート信國さんとのエピソードなどからそれが感じられた。
    一方、「不格好経営」というタイトルについてだが、たしかに不格好とも感じられるような泥臭い期間を経て今のDeNAがあることはわかったが、とても他のベンチャーの社長と同列には語れない部分がある。それはやはり大手外資コンサル出身の経営者であるというところだろう。
    あるトラブルでどうにもならなくなった時にポケットマネーで1000万出してみたり、ソニーとのやり取りに不満があった際に出井さんに直接連絡をとってみようとするあたり、そんなのはあなたしかできないよ、と思ってしまった。
    DeNAという会社はとても面白い会社で、南場さんをはじめとする経営陣が培ってきたDeNAスピリットも非常に好感が持てるものだが、外資コンサル出身という部分からくるハイクラス感がどうにも惜しく感じた。
    とはいえ面白い本でした。

  • マッキンゼーでコンサルタントとして名をはせた南場智子さんが、DeNAを立ち上げてから現在(2013年)にいたるまでの経緯をまとめた本になります。

    DeNAの経営史が多く、南場さんの哲学的な部分は最期の方に少し書かれています。

    今、勢いをもって凄いスピードで発展している会社の起業から現在に至るまでのストーリーは読み物として面白かったです。
    今は会社が大きくなっている最中であり、立ち上げ時の苦労を知っている人が舵取りをしており、今後も発展を続けると思います。
    真価が問われるのはこれからですね。

  • 「正しい選択肢を選ぶ」ことは当然重要だが、それ以上に「選んだ選択肢を正しくする」ことが大切という言葉が強く印象に残った。
    自分は、客観的に見て正しい選択肢はどれかを考え、実際に行動に移すことに躊躇し、タイミングを逃していたのではないかと思う。
    リーダーとして求められるのは、決断力と行動力であり、自分が選んだ道を正しくする努力を行うことが大切なのだと学べた。

  • DNAを立ち上げた、南場さんの経験談が詰まった本でした。
    コンサルとして一流であった南場さんも、
    経営者としての道は始めからすんなりいったのではなく、泥臭い経験をしてきての今なんだと思いました。

    結果だけを見るのではなく、
    その結果を出してきた背景を知る事が大事だと個人的に思いました。

  • ・継続討議はとても甘くてらくちんな逃げ場である。「決定的な情報」が欠落していない場合は、迷ってもその場で決める
    ・重要情報はアタッシュケースではなくアタマに突っ込む
    ・会社と個人の関係は固定的でなくてよい。帰属より信頼関係と質が大切

  • DeNA創業者南場さんの魂ストーリー。変に客観視せず、成功も失敗も含め人生を書いてある本。小手先のテクニックというよりは情熱をもらうために読んでもらうといい気がしてます。コンサルと事業の考え方周りは必読。

    メモ
    自分でシステムをつくれない会社は開発管理などできない
    社長の一番大事な仕事は意思決定。持ち帰りなどはしない。限られた情報の中で決めなきゃいけないシーンは多い。
    コンサルタントのするべき、と事業のする、は重みプレッシャーがまったくちがう。コンサルは材料がそろうまで踏み出せない。

  • 読み物として面白くて止まらず読んでしまった。
    1人のめちゃくち忙しい女性が、人生の様々な岐路にたち、色んな人と解決していく話。泣いた。

    ・ネットサービスの世界は業界ナンバーワンだと効率がよい
    ・結局大事なことを任せるのは信頼できる人だけ
    ・継続討議は楽。情報がいくらあっても迷うから早く決断する。
    ・意思決定後のプロセスで実行すること。
    ・自明はことは図にしない
    ・時代の波をとらえ、タイミングにあったものを一番使いやすい形でだす。

  • 下手なビジネス書よりよっぽど為になる。
    いい仲間がいることって素敵。南場さん羨ましい。でもそういう仲間は入れてもらうもんじゃなくて、自分で作るものなのかも。と思った。ともかく、久しぶりに楽しかった。

  • 元マッキンゼーでDeNAの創始者の話。
    シンプルに面白かった。創設後赤字が続きしくじりから始まったが、モバイルコンテンツがヒットしその後は増収増益。
    具体的なエピソードを交えつつ、かつ難しい言葉ではなくシンプルに重要なことが書いてあり読みやすかった。
    採用面接に必ずでること、新人のかばん持ち、社長も使えという考え・・・風通しがよく人を大切にしてるんだなと感じた。凄い人。

    選んだ道を正しくするための胆力。

全23件中 1 - 10件を表示

不格好経営のその他の作品

南場智子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

不格好経営を本棚に登録しているひと

ツイートする