世界のエリートが学んできた「自分で考える力」の授業 [Kindle]

著者 :
  • 日本実業出版社
3.71
  • (4)
  • (6)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (215ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • わかりやすい。実践で役立てたい。

  • 「欧米人と比べて、意見を言う事が苦手な日本人に対しての、意見を言うための授業」が適切なタイトルと思います。

  • 今の部署での仕事は、考えて書く仕事。
    高度な経営判断に繋がることから、考えを詰める必要あり。
    その観点から、この本は非常に有用だった。

  • 考え方の学習。

  • 意見には根拠。

    自分が気になる、引っかかる事項には「なぜ?」と問いかけて事象の根拠を探ること。

  • 「考えぬく力」=クリティカルシンキングを平易な言葉で解説している本。
    「考え抜く力」を欧米の学校での教え方をヒントに、ビジネスパーソン向けに分かりやすく解説しています。
    割と当たり前に感じる方法を解説していますが、プロセスに落とすとか文字に落とすと人に伝わりやすいことがよく分かりました。1つのケースを提唱している思考プロセスで考え抜くとこうなるというものがついており、分かりやすい。
    他人の意見の受け止め方=自分の気付きであることも考えており、どう意見を受け止めて次に活かすのかも参考になる。(ひらりん)

  • なっていたTED。出演経験を持つ狩野さんの考え方のつぼ。
    テーマは自分の意見を持つ事と、それを伝えることの重要性。自分の意見を持つということは、自問し、第三者的に考えて、5W1Hで突っ込みをいれ、反証してみることで研ぎ澄まされる。伝えることに関しては、より良い判断をするために、決断すること、意見を交換することによる新たな発見や進展を起こすということ。優れたメソッドがあるわけではないけど、一生懸命クリティカルシンキングを分かり易く伝えようとされたと思われる。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

慶應義塾大学法学部卒、慶應義塾大学大学院博士課程修了 (英文学) 。慶應義塾大学、聖心女子大学、ビジネス・ブレークスルー大学講師。考える力イニシアティブ、THINK-AID 主宰。20年にわたって大学等で「考える力」「伝える力」と英語を教える。『世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業』(日本実業出版社)『プログレッシブ英和中辞典』(共同執筆、小学館) など著書多数。2012年、TEDxTokyo TeachersにてTEDトーク ”It’s Thinking Time”(英文)を披露し、好評を博した。

世界のエリートが学んできた「自分で考える力」の授業のその他の作品

狩野みきの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

世界のエリートが学んできた「自分で考える力」の授業を本棚に登録しているひと

ツイートする