運命の人 1-4 全4巻完結セット (文春文庫)

  • 2010年発売
4.20
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 霞ヶ関や新聞社内のやり取りのようす、法廷の緊迫した攻防戦、沖縄の歴史や戦争の被害、今も続く占領の被害など、どの場面も取材に裏打ちされた骨太な文章でまっすぐに迫ってくる。特に四巻は読むのが苦しいくらい、戦時中の沖縄の様子が描かれている。

  • 僻地に飛ばされるのは人生のチャンスだとは思うけど、それは置いておいて、まとめとしては本当に素晴らしい本。人生の一冊

  • 沖縄については本土はもっと知るべきだと痛感しました。ただ主人公の奥さんに対する配慮の無さはその時の時代だからしょうがないとは思いたくは無いです。。

  • 話しは新聞記者が過去の戦争にまつわるアメリカとの特ダネ記事を掴んだことから始まり、スキャンダルで逮捕され裁判にかかる。戦時中の沖縄の歴史が解る深い話しであり、実話に近いらしい。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする