劇場版 SPEC ~結~ 爻ノ篇 スタンダード・エディション [DVD]

出演 : 戸田恵梨香  加瀬亮  竜雷太  向井理  大島優子 
  • TCエンタテインメント (2014年7月11日発売)
2.65
  • (9)
  • (26)
  • (78)
  • (56)
  • (28)
本棚登録 : 423
レビュー : 79
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571390737198

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「SPEC」完結編の後編です。前編のラストでついにシンプルプランが発動したところから始まります。序盤で明かされる湯田の正体やシンプルプランの全容などは少しひねりがあり、また作品独特の演出は見事でした。しかし、ほとんどのシーンが警視庁の屋上で展開されているのでせっかくの劇場版なのにもったいないような気がします。
    青池里子と純の間に築かれていた親子の愛情、そして劇場版「天」あたりからうすうすとは感じていましたが、当麻と瀬文の結末にはやはり切なくなりました。

  • 正直、ワケがわからないうちに終わった。
    TVシリーズが好きで観ていたが、続くうちにどんどん設定が壮大なSFっぽくなってしまい、ついていけなくなった。それでも見始めたからと思い、なんとかここまで見終わったが…。

    終末思想とか人類の歴史とか預言とか、全くもってサッパリ。ドラマでは、現実世界の中にスペックホルダーという特異的な人間が存在して、それを悪用して世界を変えようとする人間を瀬文と当麻がやっつけていく、というわかりやすい内容が面白かった。当麻のスペックが最終的にここまで大きなことになるとは思いもよらず…解説サイト読んでもまだよくわからない。ドラマシリーズからファンだっただけに、せめてスペシャルドラマあたりでキレイに終わって欲しかった。。

  • 広げなくていい風呂敷持ってこられて畳み方解らないで最後にクシャってしてされてタンスになおされたような気分になれました。

  • 考えるな感じろ系だった
    泣いたよ泣いたけどまじでこういう終わり方とおもってなかった笑
    パラレルワールドをつなぐ者がトーマで、パラレルワールドがある前提ならこの世界線だけつぶしても意味ないのでは?え?
    なんか結局戦ってたのはトーマだけみたいな感触になってしまったのが残念なんすけど;;えーん腑に落ちない;;
    トーマは無限に生き続けるけどどこにも属せなくて、誰の記憶にも残ってないというかいないことになってるパラレルワールドが本線になって、瀬文さんは覚えてたよってことなんだろうけどこのどっかで観たわ感もちょっとウーン

    わかった伏線回収してくれたすっきり感がないんだ 視聴者におまかせ系はさ〜〜〜あんま好きになれんよ〜〜〜
    前編で盛り上げといて後半投げっぱなしって…いやもう頭悪いお前が悪いと言われたらそれまでですが
    しかしもう1回観たいとおもわないのでそういうことなのだ

  • 劇場版ということで、話を大きくし過ぎた感じがするが、それでも十分に楽しめた作品であった。

  • 戸田恵梨香って、綺麗な人だなー!
    ストーリーは…うーん、作品だけで完結してくれ〜。涙

  • すべての人がこれなんだっけ?って思いながら観ざるをえない。

  • 最終決戦の長さに飽きてしまった。超能力を使った犯罪に挑む刑事ものからスタートして、世界の命運を握る異能力バトルに着地するとは思わなかったな。
    当麻のspecで呼び出されたホルダーたちがもっと活躍する場面が見たかった。せっかく来てくれたのにあっさり消されてしまって残念。

    零で真山殉職と明言されていたけど、野々村さんの言い方が「殉職したと聞いた」だったから(係長と真山さんの関係性で、そんな伝聞系つかうかな?)、実は生きてて経歴を完全抹消して公安として活動しているとかじゃないかな?と妄想しておいた(殉職を受け止められない勢w)
    野々村係長が生きてる世界があるなら、真山さんが生きている世界もある(そしてそれこそが、「ケイゾク」と直接つながっている世界線)とも思っている(殉職を受け止められない勢w)

  • 軽いSFとわざとらしい演技が楽しかった作品が
    どんどん壮大になり、地球を救うこと以上の重さに!しかし、話は重くても映像は軽い。
    シリアスな内容なのに安くて寒い。
    この映像には最初のテイストのほうがたのしめたのに。

  • とにかく私は加瀬さんがだいすきなんだ、以上

全79件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

劇場版 SPEC ~結~ 爻ノ篇 スタンダード・エディション [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする