SLAM DUNK(スラムダンク) コミック 全31巻完結セット (ジャンプ・コミックス)

著者 :
  • 集英社
4.74
  • (53)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 275
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 週刊少年ジャンプ黄金期といえば外せない!

    バスケットボールブームを巻き起こしたスポーツ漫画。
    不良である桜木花道が恋をし、バスケットと出会い、仲間と絆を深め、ライバル達と戦う。
    王道を極めた熱い展開には手に汗握らずにはいられません!

    バスケを知らなくても構いません。スポーツできなくても大丈夫。
    誰もがきっと夢中なれる。そんな漫画だと思います。

     個性豊かなキャラクターも魅力的!各高校誰しも好きなキャラができるはず!
    個人的にはフクちゃん推しです。

     男女問わず、認知度も高いし、読んでおけば話のネタにもなるのではないでしょうか。

  • 多くの人と同様、これもまた大好きなマンガの一つ。この作者の他のマンガもそうだが、言葉に対する魂、エネルギーの吹き込み方が本当にすごいと思う。

  • レビューなど書かなくていいほどの神マンガ。
    リアルタイムで読んでいたけど本当に面白い。
    安西先生の名台詞「あきらめたらそこで試合終了ですよ」
    涙腺崩壊です。

  • 山王戦からは自然と涙があふれる。
    この作品以上のスポーツ漫画は、私のなかでは存在しない。

  • スポーツ漫画、王道の王者。みんなが読む理由がよくわかる。
    夢中なれることが欲しい

  • バスケを知らない人でも楽しめます。

  • 漫画の中ではダントツ!!

  • 感想を書くのは難しい。
    大好きな漫画。
    31巻で終わってしまったことが、あまりに辛い。

  • 31巻はいつでもどこでも涙腺崩壊。

  • 大人になってから読み返すと、ゴリの気持ちがすごい入ってきて、感情移入してしまって泣けました。
    高校の時、体育のバスケは下手くそで最悪でしたがスラダンは好きです。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

井上 雄彦(いのうえ たけひこ)
1967年、鹿児島県大口市(現・伊佐市)出身の漫画家。
1988年、手塚賞入選の「楓パープル」でデビュー。1990年連載をはじめた『SLAM DUNK』は日本のバスケブームの火付け役となり、1995年第40回小学館漫画賞を受賞。2004年に国内発行部数1億部を突破、いまなお「完全版」など再発されては版を繰り返している。2006年、「日本のメディア芸術100選」においてマンガ部門1位を獲得。
『バガボンド』は文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞、平城遷都1300年記念アジアコスモポリタン賞文化賞をそれぞれ受賞。

SLAM DUNK(スラムダンク) コミック 全31巻完結セット (ジャンプ・コミックス)のその他の作品

井上雄彦の作品

SLAM DUNK(スラムダンク) コミック 全31巻完結セット (ジャンプ・コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする