俺はまだ本気出してないだけ 豪華版 [DVD]

監督 : 福田雄一 
出演 : 堤真一  橋本愛  生瀬勝久  山田孝之  濱田岳 
  • Happinet(SB)(D) (2013年12月3日発売)
3.37
  • (2)
  • (13)
  • (17)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 55
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953040427

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 働くとは?を考えさせられるコメディ。好きなことを仕事にするのか、食べていくために働くのか。脱サラし、ハンバーガー屋のアルバイトをしながら漫画家を目指す主人公(堤真一)。一方、サラリーマンとして管理職で真面目に働く幼馴染(生瀬勝彦)。主人公のアルバイト先に新しく26歳の若者(山田孝之)が入り、3人の交流が始まることで、主人公、幼馴染の人生に変化が生じる。主人公が何回も出版社に足を運ぶがことごとく作品はボツになる。自信作が否定されても、家族に反対されても、それでも漫画家を諦めようとはせず、描き続ける主人公。娘にお金を借りたり、ゲームに逃避し続ける姿がどこか憎めず、自由に好きなことをして生きるのも楽しいだろうなあと羨ましくなる作品。

  • ニンマリしちゃう映画。

    まず感じたのは親子愛。
    どら息子にさじを投げない父、ダメ親父を応援し続ける娘。
    綺麗じゃなくてもいいからこういう愛情がいいんだよなぁ。

    ダメなんだけど憎めないやつっているんですよね。
    時としてそんなやつに救われたり、支えられたり。
    自分にも思い当たることあります。
    そしてそんなやつが意外とどでかいことやったり。

    変に賢くならないでまっすぐになるって大事ですよね。

  • 漫画は読んでないんだけど(本のお仕事してる時よく見かけてた)
    まさかの豪華キャスティングで映画化(笑)

    堤さんってカッコイイ役やらせるとホントカッコイイんだけど
    ダサイ役やらせるとホントダサくってスゴイ役者さんだな~って思った

    とにかく笑える

    せっかく面白かったのに連日の激務で途中で寝落ち
    2回目で何とか全編観れました(๑≧౪≦)

  • 豪華キャスト陣だったけれど、最後まで内容が薄かったような。

  • ここまで救いようのない中年を映画にするってなんなの。
    作品中に易々とデビューさせないリアリティがよかった。
    自分の中の大黒シズオな部分を見せられている気分で、とても見てるの辛かった。しんどい。
    でもキャストと演出は普通に好き。

  • 期待していなかったんですが、面白かったです。生瀬勝久さん、いい感じです。石橋蓮司さん、さすがです。ホッコリした気分になりました。

  • 原作を読んでいません。

    映画だけ観ての感想です。

    楽しめました!

    幸せってなんだろう?
    働くって何だろう?

    少し、考えさせられつつ、
    でも最後はそれなりにハッピーエンド。

  • 人生300年だったら、こんな寄り道もありかも。残念ながら、タイトルほど面白く無かった。

  • 本気だしてるモードも出してないモードも両方いい!モード分けて行きてみようかなー?

  • 身内に似たような存在がめちゃくちゃ気分悪い。
    こういう人間が気がつくきっかけが分かればと思ったけど・・・

全13件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする