パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [DVD]

監督 : クリス・コロンバス 
出演 : ローガン・ラーマン  アレクサンドラ・ダダリオ  ブランドン・T・ジャクソン  ショーン・ビーン  ピアース・ブロスナン 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013年10月25日発売)
3.33
  • (5)
  • (4)
  • (10)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142966827

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【品川駅のエスカレーターで手鏡を使用したい全ての人たちへ捧ぐ、傑作ファンタジー作品(笑)】

    いやあ~~~っ、昨日の爆弾低気圧は凄かったねぇ~!!
    雨は兎も角、風が凄くて・・・そんな悪天候なのにいつも通りのスカート姿で外出、出勤しちゃった女性の皆さん、本当にご愁傷さまでした!!

    帰宅時での駅構内のエスカレーターとか階段などでは、必死に手で押さえつけてないと階下から吹き上げる強風にスカートが捲れあがっちゃって大変だったでしょ??

    そんな頑張ってる女性たちの一方で・・・突然の突風に捲れ上ろうとするスカートの裾を必死に押さえつける姿を凝視する周りの男性たちの血走った目が本当に怖かったり??

    うわぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~~っ・・・階段下やエスカレーターの背後から、子供から老人まで不自然なまでに体を動かして、少しでも女性のスカートの中を覗きたいって・・・みんな、ガツガツし過ぎててホントに怖すぎだぞっ!!

    そんな男性諸君に言いたいんだけど・・・そりゃ、女性のスカートの中身に興味が湧くのは同じ男性として凄く分かるけどさ・・・みんな、ガン見しすぎっ!!

    本当に世の中のほぼ全ての男性って欲望に忠実というか・・・まるで見ないと死んじゃうかのような必死さで・・・いや、大半の凝視してる男性達はあくまでも見てない素振りをしてるんだけど・・・でも不自然に足踏みしてるので見てるのがバレバレだっつぅ~~~~~~~~~のっ!!

    はぁ~~~~~~~~っ・・・ホントに男性って○鹿だねぇ~~~っ!!

    特に気になったのが駅のエスカレーター下でたむろってた、禿げたスーツ姿のおっさんに引き連れられたサラリーマン軍団!!

    禿げるって事は男性ホルモンが異常に多いので、性に興味がスッゴクあるって事は理解できるし、それはある程度なら仕方が無い事だって理解したいけど・・・

    ねえ、禿げてるおっさん・・・そこで立ち止まってわざわざ靴紐を結び直す必要があるの??

    髪が今風な40代ほどの男性・・・そこでわざと携帯を落として拾う振りをする必要があるの??

    それで若い取り巻き諸君たち・・・その携帯を複数人で拾う必要があるの??

    キミ達の行動は本当に理解できないっ!!

    確かにあの工学院の学生っぽいスカート姿の女の子は、芸能人にもそうは見かけない程の可愛らしさと可憐な感じを持った女性だったよ??

    でもさ・・・グループの半数近くの人たちが指輪をはめてるんだから結婚してるだろうし、リーダー格の禿げ親父はスカート姿の女の子と同世代、いや、年上の子供がいてもおかしくない世代でしょ??

    しかも襟の社章で、あのJR操車場横の旧財閥系超一流優良企業の社員たちだってわかっちゃってるし・・・それなのに意味不明の行動までとってまで凝視してるなんて・・・

    ホントに・・・・情けないぞっ・・・でもそんな人たちの仲間でも良いので・・・雇ってください(泣)

    と、訳のわからないウダウダ話から始まった今回のレビューは2010年に公開された『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』なんだけど・・・

    このレビューに当たってそれなりの序文を考えてたのに、気が向くままに好き勝手に書いてたら、序文が何だったのかを完璧に忘れちゃったっ(笑)

    あはは・・・ま、いっかぁ~~~っ!!

    まあ、そんなこんなで・・・ルンルンと階段を上ってたら意識してなかった前の女性のスカートが捲れ上がって生足を思いっきり見てしまい、その女性から凄い目つきで睨まれてしまった経験がある方、母親にPCを貸したのは良かったけども、夕飯時に両親が異様な余所余所しさで閲覧履歴を消し忘れた事にハッと気が付いた方、学生時代、学校で母親が渡してくれたハンカチで顔を拭いたら肌触りがいつもより滑らかだったので広げてみたら、妹お気に入りの淡いレモン色の三角でリボンがついてた布きれだった経験がある方以外は即刻、退場願います!!

    Shame on U!!Shame on U!!

    これでここには田代まさしや早稲田大学教授だった植草一秀並の”全てを捨てても見たぁぁぁぁ~~~~いのっ”的な、超ド変態どもしか残っていないよね??

    みんな品川駅のエスカレーターで、若い女性のスカートの中を覗く為に使用する手鏡の準備はできてますかぁ・・・・・・・では、行きますよぉ~!!


    【本文】

    さあ、今回は燦然と輝く名作『ハリーポッター』シリーズの名声に押されて、完全に世間から忘れ去られた良作をご紹介しちゃいましょう!!

    2010年に公開された『パーシージャクソンとオリンポスの神々』です!!

    一応、予告編を付けとくね!!

    【Youtube ”予告編”】
    https://www.youtube.com/watch?v=X1fOn0FlXU0

    ここでみんなのような映画通の方なら先の文章を読んで、あれって首を傾げちゃったでしょ??

    実はこの『パーシージャクソンとオリンポスの神々』の監督って、『ハリーポッター』初期シリーズと同じクリス・コロンバス監督(Christopher Columbus、1958年生)作品なのです!!

    そういえばファンタジーで異世界で魔法を使ってるとことか、真面目な主人公に可愛い女の子とドジな友人の三人パーティーって感じもスッゴク似てるよね??

    でも何故か現在でも全く評価されずにみんなの忘却の彼方に??

    う~~~ん・・・何故なんだろって思ってたら、最近、彼女と話してて閃いちゃいました!!

    『ハリーポッター』にはパリで生まれ英国籍の超キュートなヒロイン役でエマ・シャーロット・デューレ・ワトソンさん( Emma Charlotte Duerre Watson、1990年生)がいるよね??

    私達も大好きなんだけど、彼女の一見、お姫様的で清楚な印象とは裏腹に、あぐらはかくし、気が強いしでスッゴクインパクトがある・・・とは言っても女性のあぐらがタブーって日本以外では珍しい事なんだけどね(笑)

    一方でこの『パーシー』では、凄く大人っぽくて格好いいイタリアとチェコスロヴァキアの両親を持つアレクサンドラ・ダダリオさん(Alexandra Daddario, 1986年生)がヒロインを務めてるのがヒットできなかった原因なんじゃないのかなって思ってて・・・

    ほら、『ハリーッポッター』の初作品でのエマ・ワトソンって実年齢もそうだったけど幼くてスッゴク可愛くて・・・秋葉あたりで”萌え~~~っ”的にタスキを巻いて崇めてる人たちがいてもおかしくないくらい超美少女って感じだったでしょ??

    そういったキュートな容姿が”可愛いモノが好き”な日本人の国民感性にドンピシャに嵌ったんじゃないのかな??

    一方で『パーシー』のアレクサンドラさんは私的に見ると完璧にティーンで違和感がないんだけど、彼女や友人達は”大人じゃん??”ってな感じで・・・

    ありゃりゃ・・・そうなんだねぇ~的な(笑)

    もし、この作品を視聴されたみんなが、彼女を大人って感じてるのならば、もっとアクションがあっても良いし、演技もうまくても良いかな~って思うし、冒頭に上げた人たちなら”お色気シーンは無いのかよ”って憤慨しちゃうレベルにあると思うので・・・低評価なのは仕方ありませんなぁ~、的な(笑)

    そうは言ってもアレクサンドラさんってエマさんに負けず劣らずの美少女だと思ってて・・・

    特にあの資生堂シャンプーの”TSUBAKI”を使用したようなサラサラなロングヘアーに、太陽が燦々と降り注ぐエーゲ海のようなブルーの瞳は、完璧な美少女以外に形容する事なんてできっこないっ!!

    なので・・・Youtubeでも個人が勝手に評価したセクシー女優ランキングで第1位になってるし・・・なので興味がある方は見てみてくださいな!!

    【Youtube ”Top 25 Hotties of 2014 ”】
    https://www.youtube.com/watch?v=9VZCi9akAn4

    因みに個人的には20位のハンガリー出身のファッションモデルであり、女優のバーバラ・パルヴィンさん(Barbara Palvin、1993年生)が好みかなぁ~・・・って、彼女なら”TSUBAKI”じゃなくて”ロレアル”じゃなきゃ駄目だったよねぇ~~~・・・って、聞いてないって?こりゃ、失敬っ(笑)

    あはは・・・話は逸れちゃったけど、ホントに視聴する際は是非、大画面で彼女の瞳をよく見てみてね!!

    そうしたら男女問わず、引き込まれそうな美しさにくらくらくらくらくらくら寿司・・・しちゃうと思うから(笑)

    でね、ネットでは脚本が駄目って言われてる部分もあるけど・・・もともとギリシャ神話の神々って特殊な力を持ってるけど、非常に人間的で愛情の他に嫉妬や妬みなども持っているのが特徴なので・・・神=全ての欲を捨てた悟りを開いた者って世界的に見て誤った常識は捨てた方が良くて・・・良く言うとガリバー??悪く言うとゼントラーディ的な??

    あはは・・・誤ってるとは言え、日本にそういう常識が根付いたのはシッダールタのお蔭ですなぁ~・・・って、梵天的に上から目線で言ってみたりして(笑)

    まあ、そんなスッゴク面白い作品なので・・・みんなに評価されてないのが可哀想って思ってたり??

    実はね・・・1回、視聴するだけで満足しちゃうライトな作品なので続編は見てなかったりして?・・・って、駄目じゃん(笑)

    でもね、よく比較される『ハリーポッター』って、全体的に暗いし、引っ張って引っ張って引っ張りまくった敵役が非常に微妙な悪さ加減で・・・それにあの球技や学校などの設定もかなり粗が見えるし、脚本も微妙だったりするので・・・私的にはこっちの方が0.1ポイント差で評価できちゃったりして??

    まあ、そういう作品なので・・・今まで敬遠してた方も、一度見て面白くないと思われた方も・・・是非、アレクサンドラさんの美しさを堪能する為に視聴してみてくださいな!!

    彼女が遅い夏休みで帰省中の為、狭い部屋で一人と一匹で健気に”待て”をしてる・・・むうでした!!

  • 今の時代にギリシャ神話が実在したら。そんな話。

    ギリシャ神話の神々が存在する現代。

     神の世界と人の世界は住み分けができているが、神は稀に地上に降り立つ。

    そして、神と人のハーフであるデミゴッドがうまれる。

     普通に暮らしていた少年がデミゴッドである事を知り、ある陰謀に巻き込まれていく。


    内容や設定は子供向けアドベンチャーといった感じ。

    ギリシャ神話をご存知であれば、あれもこれもと知っている神々が次から次へと出てくるので、面白い。

    しかし、色々と違和感のある世界観はギリシャ神話はこうではないとうんざりしてしまう。

     所々に笑えるシーンも含ませており、総合して非常にシュールな印象。
     狙い過ぎていて、あからさまな演出が苦手な方には向かない。

    何も考えず、流して観るのがちょうどいい。
    と、言うのも深く考えるとご都合設定と、つじつまの合わない点が顕著に見えてしまう為。

    CGを用いており迫力のあるアクションシーンは見物。

    逆に、登場人物達の生身のアクションがひどすぎて見るに耐えない。


     現代とギリシャ神話の世界が入り交じっているこの世界観は個人的には好きです。

    家族でわいわい楽しむための映画。

    突っ込みどころ満載でネタにするにはもってこい!

  • パーシ―のローガンラーマンって三銃士王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船のダルタニアンなんだ!同一人物に思えない。ダルタニアンのときは髪が長くてかわいかった。でもパーシーではあんまりかわいく思えなかった。
    ゼウスのショーンビーンが出るのを楽しみに見た。2010年。ショーンまだかろうじて素敵。


    パーシー・ジャクソン・・・ローガン・ラーマン
    グローバー・アンダーウッド・・・ブランドン・T・ジャクソンアナベス・チェイス・・・アレクサンドラ・ダダリオ
    ルーク・キャステラン・・・ジェイク・アベル
    ゼウス・・・ショーン・ビーン
    ポセイドン・・・ケヴィン・マクキッド

  • 入門編。

    母親のため冥界に行く、てのが子供だなーと思っちゃいました。冥界に行くなら恋人のためがお約束でしょー!?

  • B級感あるなぁ、、、

  • アチコチのレビューを見たら結構散々な評価だったけど、結構面白かったよ。 
    丸眼鏡の魔法使いよりこっちのほうが好みだな。
    まあギリシャ神話とか出てくるとそれだけでワクワクしちゃうからな。(笑)
    2の方も楽しみです。

  • パーシー役の男の子の目が、蒼くてとても綺麗だというのがせめてもの褒め言葉です。

  •  眠い。
     たいしたひねりもないし、ストーリーも微妙…

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする