化学探偵Mr.キュリー (中公文庫) [Kindle]

著者 :
  • 中央公論新社
2.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (192ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テンポ良く読めたけど、あまりにもガリレオドラマ版すぎる設定で何とも言えない。どこかの思惑で寄せさせられたのかなあとか思っちゃう。これくらいのお話書けるならもっとオリジナリティ出そうと思えば出せそうだし……。お話の良し悪しというよりこれが売れちゃうのがあまりわたしは嬉しくないので続きは買わない。同じ方のでも違う設定のが読みたいなあ。

  • 偽造が事件の結末である事が多い短編集。
    ガリレオより内容は劣るかな。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

喜多喜久(きた よしひさ)
1979年、徳島県生まれ。
東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了後、大手製薬会社に研究員として勤務する兼業作家。
2011年『ラブ・ケミストリー』にて第9回『このミステリーがすごい!』大賞で優秀賞を受賞し、デビュー。同作の「有機化学ミステリー」シリーズ、「化学探偵Mr.キュリー」シリーズが代表作。

化学探偵Mr.キュリー (中公文庫)のその他の作品

喜多喜久の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする