心配事の9割は起こらない―――減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 三笠書房 電子書籍 [Kindle]

著者 :
  • 三笠書房
3.28
  • (7)
  • (7)
  • (16)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 164
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (172ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 心配事の多くは自分の妄想(考えすぎ)が原因であり、自分の物事の捉え方が原因である。
    他人と比較することをやめることで幸福度はあがる。。
    など、禅の観点からメンタルコントロールを説く本。
    そしてそれをサラリーマン生活に落とし込んでくれている。
    嫌われる勇気に近いものがあるかなと思いました。

  • 禅の考え方はなかなかいいんじゃないかな

  • しんどい時だからこそ心がすっと落ち着いた

  • 先のことは考えるだけ無駄!
    ただただ今を精一杯生きることが大事。

  • 彼だったらどんなふうに仕上げてくるか期待したいね。
    この期待感はうれしい。この気持ちを持てたら常に仕事を楽しめそう。
    自分流の色をどう出すかが大切。
    結局ネガティブをどうポジティブに受け取るかだけの話。

  • タイトル「心配事の9割は起こらない」に釣られて読んではみたけれど・・・
    タイトルに対する答えは書いてありません。 
    久々に響かない読後感でした・・・

  • 禅のありがたい話を現代生活に応用して紹介していくスタイルの本。
    電子書籍で読みました。

    禅の人が書く本はよく呼吸の話が出てくるので結構興味があります。

    印象的だったのは
    「聖人をもってわが身を正すべし、聖人をもって人を正すべからず。
    凡人をもって人を許すべし、凡人をもってわが身を許すべからず。」
    名言。

    そしてやっぱり出てきた呼吸の話。
    禅には
    「調身、調息、調心」
    という概念があるとのこと。
    身体を調え、呼吸を調え、心を調える。

    演劇でも、「心を作って」
    みたいな時は、身体と呼吸に目を向けると良い事が多々あるにゃあと思います。

    「怒りの感情は頭にまで上げるな」
    てのもすきでした。
    腹に落とす。
    呼吸、大事。

  • まっとうなことが書かれてて、それができたらいいけど、難しい。。

  • 言ってることはそれっぽく聞こえるけど根拠が禅の教えなので、中々受け入れ難い内容でした。
    禅が悪いとは思いませんが、しっかりとしたエビデンスを元にしているわけでないので綺麗事に聞こえてしまう人もいると思います。
    結果的に正しい部分はあるのかもしれませんが他人におすすめしたいとは思いませんでした。

  • 心配事の9割は起こらない、読了。やはり心が軽くなる本。辛いタイミングで読んで良かった。2014年、思い出す。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

建功寺住職、庭園デザイナー

「2020年 『限りなくシンプルに、豊かに暮らす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

枡野俊明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
古川 武士
岸見 一郎
デールカーネギ...
伊賀 泰代
エリック・リース
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

心配事の9割は起こらない―――減らす、手放す、忘れる「禅の教え」 三笠書房 電子書籍を本棚に登録しているひと

ツイートする
×