アレクサンドリア [Blu-ray]

監督 : アレハンドロ・アメナーバル 
出演 : レイチェル・ワイズ  マックス・ミンゲラ  オスカー・アイザック  マイケル・ロンズデール  ルパート・エヴァンス 
  • 松竹 (2013年11月27日発売)
4.00
  • (4)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105102286

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キリスト自身は高潔であったはずだが、その教えはいつも正しく伝わるわけではない。
    信じること、信仰がテーマの映画。
    ヒュパティアの信仰は、劇中の台詞「私は哲学を信じる」との言葉通り、数学・幾何学・天文学だった。
    勢力間の摩擦をすぐ暴力と殺戮で発散する・狂信的な男たちと対照的に、一貫して暴力と対立を否定するヒュパティアのどちらがより正しく信仰者かと問えば、ヒュパティアの最期の姿から明らかだろう。
    現代的なコンテクストから少し穿って読み解けば、科学信仰に邁進することの狂信性への問題提起とも受け取れる。

  • ローマ帝国末期の異様な熱気、狂気を感じる。それぞれの信ずる所に長短がある。また人間が科学を容易く放棄し、宗教とくに一神教がいかに求心性を持つかと同時に、民主主義の決定的欠陥である数の理論の脆さを非常に良く表している。とは言っても、科学を擁するローマ帝国は奴隷制の上に成り立ち、ローマ市民にのみ参政権を与えていた訳で、これもやはり負の面がある。集団意思決定方法は、ハサミや傘のように、紀元前の頃まででその進化を止めたのかといつも思うが、なんとなくそれを想起する映画だった。

  • 主演女優が美しい。
    私のキリスト教以外の知識が乏しかったので、すこし呑み込めないところもあってもったいなかったなあ。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アレクサンドリア [Blu-ray]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする