リカ [Kindle]

著者 :
  • 幻冬舎
3.55
  • (0)
  • (8)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (113ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あらすじに「化物」とあり、比喩だと思っていたら本当に化物だったのですね。
    きっかけが「出会い系サイト」という軽いものなだけに、ラストに向かうにつれ、そのグロテスクさとの対比が、恐ろしさを掻き立てた。
    けれども「リカ」の存在が有り得ないでしょ・・・と妙におかしく思える時もあり、でも結果的には最後まで飽きずに読めました。

  • 怖かったー‼️
    途中から、そんな特徴的な人見つからんとか、人間?ってなったけど、読み出したら止まらんかった〜_(:3 」∠)_

  • 怖いなんてレベルじゃなかった…久々に、夜眠るのが怖いほどの恐怖を味わいました。

  • 始めはおもしろおかしく”出会い系”にハマっていく男の滑稽な姿を描きながら、じわじわと恐怖度を上げていく構成がうまい。
    実際に、本作の主人公の心理状態を追体験するという意味でも、見事な物語展開です。
    中盤以降のリカの言動は『座敷女』という漫画にかなり似ているので興味関心が失速していったが、エピローグのインパクトがそれまでの失速感を吹き飛ばしてくれた。
    想像すればするほど、考えうる限りで”最悪”の結末。この結末を作り出しただけで傑作ホラー間違いなしです!

  • 読まなきゃ良かった…というのが正直なところ。
    リングや黒い家のような怖さを求めて手に取ったが、気持ちの悪い怖さというか、生きている人間への恐さだけだった。
    最後でますます恐怖を感じさせるための締めくくりだったのだと思うが、気分の悪さだけが残った。
    文体等非常に読みやすかっただけに個人的には残念。

  • 気持ち悪かった。あと味悪かった。

  • ストーカーものなので、現実感のあるホラーかと思いきや。。

    リカは人間じゃないよね?
    人間離れし過ぎてて、ある意味、全然怖くない。。(;・∀・)

  • こわかった。よくあるストーカーものかと思いきや、衝撃のラストの後味の悪さといったら。出来心が原因で、自業自得とはいえ、最後まで気の毒な主人公だった。

  • 恐ろしい本でした。情報管理の危機意識が欠落している主人公がリアルで、悲惨な結末へ一気にページをめくり1日で読了。
    後味の悪さも最高でした!

  • ただただ怖かった。怖いの苦手だけれどもそれでも読むの止められなかった。

全10件中 1 - 10件を表示

リカのその他の作品

リカ (幻冬舎文庫) 文庫 リカ (幻冬舎文庫) 五十嵐貴久
リカ 単行本 リカ 五十嵐貴久

五十嵐貴久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
沼田 まほかる
東野 圭吾
村田 沙耶香
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする