ガーディアンズ 伝説の勇者たち [DVD]

監督 : ピーター・ラムジー 
出演 : ヒュー・ジャックマン  クリス・パイン  ジュード・ロウ  アレック・ボールドウィン  アイラ・フィッシャー 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013年11月22日発売)
4.18
  • (24)
  • (25)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :114
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113828048

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サンタクロースやイースター・バニーなど子供たちの夢や希望を守るガーディアンたちが、恐怖の権化であるブギーマンと戦うというストーリー。

    私がこの作品を知ったきっかけは、主人公のジャック・フロストが、アナ雪のエルサとカップリングされている絵をネットで見たことなのだが、確かに見た目も属性も似ていてお似合いだと思う。(ディズニーとドリーム・ワークスだけどそんなの関係ねえ!)この作品は、戦いのなかで彼が失われた自分の過去を取り戻し、自分の核(コア)を見つける物語でもある。何度か涙腺の緩むシーンもあって、観たあとはじんわり暖かい気持ちになれるいい作品だった。

  • ジャックがひたすらかっこよかった。

  • めちゃくちゃ泣いた。

  • 面白かった!映像も綺麗だし、話も面白かった。なんでアメリカでは受けなかったんだろう?
    吹き替えで見たので、今度は字幕で見たい。

  • すごいわくわくする楽しい作品でした。
    サンディがいい!
    ジャックもいい!
    そして声優陣が豪華です。海外の役者さんは実写もアフレコと聞いたことがありますが、さすがにうまいです。
    でもジャックのクリスパインは声おっさんすぎた感が・・・

  • イースターバニー1匹ほしい

  • 海外のイベントや童話を知っているとより楽しめる作品。トゥースフェアリーやイースターバニーは知ってたけど、サンドマンのことは知らなかったなあ。子供ができたらジャック・フロストが来たねって言ってあげたい。
    英語版の声優キャストが豪華です!イースターバニー役がヒュージャックマンなんですが、オーストラリア訛りを役に生かしたそうです笑

  • 海外の御伽噺を知っていた方が楽しめる

  • これ!観て良かったです!
    と言うか、劇場で観れば良かったと後悔。そもそも日本で劇場公開されてたのかも実は知らないのですけれども。

    世界観がとってもツボでした!

    きっかけは、『アナ雪』のパロディ動画、そしてエルサと本作の主人公が比較されたイラスト。

    ジャック・フロストなる主人公はどんな少年なのか?と興味湧きまして。レビューサイトでの評価も上々でしたので、準新作になっていたところをレンタルしてまいりました。

    実はパッケージ自体は前から観て知っていたんですよ。でも何か、大量生産されてる似たようなCGアニメの中の一本って気がして。B級かC級、それか幼児向けか?

    でもこの作品、吹替版で観終わった後に気づいたんですが、本家のキャストが超豪華なのです!!

    クリス パイン
    ヒュー ジャックマン
    アレック ボールドウィン
    アイラ フィッシャー
    ジュード ロウ

    もう一回字幕で観たかったなー!
    翌日が返却予定日だったので\(^o^)/

    DVD買ってしまいそうです。

    ベタと言えばベタなテーマなんですけど、だがそれが良い。
    何よりキャラクターたちの魅力。映像の美しさ。ガーディアンと言う設定。

    子ども心にかえってわくわくできる作品だと思います。キュートだし、切なさもあるし、ウィットに富んでるし。

    最近観た中では一番面白かった。
    私の精神年齢のせいかもですけどね。とにかく、オススメしたい一本。

  • サンタクロース以外のガーディアンズ達が日本では馴染みがないもんで、最初はのめり込めるか心配だったけどとても楽しかった。
    大方の3Dアニメーションは事故での死や孤独を示唆する表現をあまりしないけど、これはそれがあって、更に主人公が好きになれる要因だったと思う。
    サンタクロースがビッグネームすぎるだけに、皆を引っ張ってくれる父のような存在なのかと思いきやそういうわけでもなく、途中退場終盤復帰のサンドマンも少々ゴリゴリに帰ってきた感があってんん?ってなった。
    サンタクロースがロシア訛りでマトリョーシカにコサック帽と、なんかやたらロシアロシアしてたけどなんでロシアなんだろう。
    粗暴な性格のサンタは新しくていいな、好きだなってなっただけにそこが少し残念だった。
    ブギーマンの最期は同じ寂しさを抱えた主人公なら、完全排除とまではしてほしくなかった感じもあったりなかったり。
    イタズラ好きだけどどこまでも身をていして弱いものを守る主人公はすごく良かった。

全13件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする