太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 集英社
3.31
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (165ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人は人に支えたり支えられたりして生きていくんだなあ。とさわやかな読後感。
    ドラマ化するならロッカさんは吉田羊でぜひ。

  • 婚約破棄された女性の、その後の日常、心の中を描いている。意図は徐々に回復して行く心の動きを読ませることだろうが、大事件が起こるわけではなく、ごく普通の生活を淡々と描いているので、のんびりと読める。

  • 婚約破棄されたヒロインが、エキセントリックな叔母ロッカさんや、同僚の郁ちゃんたちを通して、新しい日常を調えて行くお話。ありそうな日常でありながら、どこかファンタジックというかおとぎ話みたいなテイストが心地よかった。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

宮下 奈都(みやした なつ)
1967年福井県生まれ。上智大学卒業。2004年、「静かな雨」で文學界新人賞に入選し、デビュー。日常に起こる感情の揺れを繊細で瑞々しい筆致で描きだす作品で知られる。『スコーレNO.4』が書店員から熱烈な支持を集め、注目を浴びる。
代表作に、2016年本屋大賞、ブランチブックアワード2015大賞、「キノベス!2016」などを受賞した『羊と鋼の森』があり、2018年6月に映画公開される。ほか、福井からトムラウシに移り住んでいた頃の日々や、本屋大賞受賞のエピソードなどを集めたエッセイ集、『神さまたちの遊ぶ庭』がある。

太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)のその他の作品

宮下奈都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
又吉 直樹
西 加奈子
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする