食べ物連載 くいいじ [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (241ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 食い意地というのもあるのだろうが、食べ物をすごく大事にしていることがわかる。料理や食べ物の絵もすごく丁寧だし。

  • 漫画家、安野モヨコの食べ物絡みエッセイ。短いエッセイの中に、途中で1~2枚のイラストも挿入されているために読みやすい。

    一応、季節で章が分けられているようだが、内容には関係のないもの。序盤では食材や料理について、中盤からは調理器具や概念的な話、人についての話が多くなる。

    食べ物エッセイには結構当たりが多いもんで、食あたり、というのは冗談で、要は「好き嫌いがはっきりしている」からなんですな。物事の好き嫌いというのは大きなエネルギーになるもんで、「刺身のツマが好きだ」「甘いものは嫌いだ」みたいなのは、読んでいて内容に入りやすい。

    本書全体を見回した時には起伏は少ないが、一つ一つの強弱はしっかりついているので、読んでいて飽きが来ない。

    年末でボーっとしている中読んだけど、まあ、悪くなかったな。自分の周囲の人で完結するだけでなく、もうちょっと知識の深みみたいなものがあればなお良かったが。

  • 漫画家安野モヨコさんの食に関するエッセイというか連載。
    食べ物に対する執着がよく伝わってくる。
    挿絵の料理も安野さんだけあって美味しそうに描かれている。

    お客さんにおつまみを用意するお話は、読んでて素直に関心した。
    美味しいもの好きは料理上手にもなるのかな。
    私もそろそろ料理の練習をしようと思った、、

  • 読みたいと思っていたので電子書籍で出ていてよかった。
    モヨコさんは作品ごとにテンションが違うので、この作品は着物着て楚々としているイメージで「えっ…」ってなりました。
    忙しいのにこれだけ自炊できていたらすごいよね。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

漫画家。「働きマン」「さくらん」「ハッピー・マニア」などの作品がある。「シュガシュガルーン」で第29回講談社漫画賞を受賞。現在『AERA』で「オチビサン」を連載中。

「2019年 『鎌倉オチビサンポ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

食べ物連載 くいいじのその他の作品

安野モヨコの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする