全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書) [Kindle]

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.76
  • (13)
  • (37)
  • (26)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 258
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (240ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 理論的で極端なポートフォリオを提唱するこの著者の考え方を知るために購入した。
    インデックスの株式だけのポートフォリオを組むべき、債券は日本国債以外はリスクであるという考え方を理解することができた。
    債券には投資せずにその分は余剰資金にするのは一理あるが、そこまでリスクをとることはできず、債券ファンドでチマチマ分配金出るのが楽しいので、当分は債券も組み入れておきたいと思う。

  • 山崎元さんのコラムやブログは以前から読んでいるので、その運用ポリシーやロジックについては馴染みがあったのだけど、それがコンパクトにまとめられた一冊ということで読んでみました(Kindleストアで250円だったし)。

    どの金融商品に投資したらよいか、についてはいきなり冒頭で答えが書いてある、という画期的な構成。
    で、その後、その答えの根拠となる山崎さんのロジックが説明される。
    考え方はシンプルで、長期的視点で生活するのに必要な金額を確保(消費レベルを決める)した上で、いくらまでならリスクが取れるのかを判断して、無理のない範囲で投資する。
    そして、資金の使途が限定されるような商品(医療保険とか学資保険とか)や、金融機関の営業マンが勧めてくるような金融機関の取り分(手数料)が割高な商品は避ける。
    (本の中でも何度も出てくるように、山崎さん自身金融機関の人間なんだけど)

    難しく考えなくていいんだな、ということはよくわかる。
    ただ、個人的には投資につぎ込めるような余裕資金はまったく無いので実践に活かせないのが残念。
    山崎さんは、お金の自由度をなくしてしまうという点で長期の住宅ローンを組んで持ち家を買うことはお勧めしていないんだけど、まさに自分はその境遇なので、余裕資金が出たらローンをさっさと返すというのが最もリーズナブルな「投資」ということになりそうだ。

  • Kinoppy

  • 「金融商品」を売る側の下心が赤裸々に描かれており、『儲けよう』では無く、『手堅く』運用を行いたい側からすると、とても有り難い書。 ギャンブルへの向き合い方、お金をドライに考える。など、唸る哲学も。

  • 投資について分かりやすく書かれていて、勉強になった。
    きちんと内容を理解してから買うようにというからには、もう少し根拠を説明して欲しかった気もした。説明があっても分からない確率が高いけど。

  • 世の中にある運用商品の99%以上が、購入の検討にすら値しない「明らかに損な」商品だ。

    投資を始めて7年経ちました。リーマンショックの影響をモロに受けたり、事情があって投資額の1/3を解約したり、私生活の忙しさに埋れて投資をしない期間があったりなど、紆余曲折がありました。

    今は、何とかプラスです。対象を国内株式、国外株式、国内債券、国外債券のインデックス投資に絞り、評価額を特に見ずに淡々と投資を続けたおかげだと思っています。

    お金に余裕のあるうちは、出来るだけこのペースを崩さずに続けたいと思います。お金に振り回されない未来を作るために。

  • 資金の運用について、ここまでシンプルに言い切ってくれると楽になる。投資を趣味としてやるのかあくまでも運用なのか、そこの線引きをクリアにすることができた。
    どうしてももっと凝ったことをしたくなるけどプロには敵わないし趣味にするほどではないので、このくらいで十分なのかも。その分他に頭を使う(自分を投資する)のが正解か。

  • インフレの初期には、株価が上昇して株式投資が儲かることが多い、インフレの後期には、むしろ株価が上がりにくくなる可能性が高く、株式投資は有利ではない 内外の株式に投資するETFに国内4割、海外6割の比率で投資する

  • NISAと確定拠出年金は確実な儲けができるのでやったほうがいいというのが印象に残った。わかりやすく文章を書く努力を感じた。けっこうわかりやすくていい本だと思った。

  • お金や投資の知識がない人がとりあえず読むのに良い一冊。
    なんとなく理解していたことの復習にもなる。

    退職金を抱えた父親に渡すのがおすすめ。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山崎 元(ヤマザキ ハジメ)
経済評論家
経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員、株式会社マイベンチマーク代表。1958年北海道生まれ。1981年東京大学経済学部卒業、三菱商事に入社。その後、野村投信、住友生命保険、住友信託銀行、シュローダー投信、NBインベストメントテクノロジー、メリルリンチ証券、パリバ証券、山一證券、第一勧業朝日投信投資顧問、明治生命保険、UFJ総合研究所と、12回の転職を経て現職。資産運用及び経済全般の分析・評論を専門とする。『ファンドマネジメント』(きんざい)、『全面改訂 超簡単お金の運用術』(朝日新書)、『確定拠出年金の教科書』(日本実業出版社)、『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』(文響社)など著書多数。

「2019年 『人生にお金はいくら必要か〔増補改訂版〕』 で使われていた紹介文から引用しています。」

全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)のその他の作品

山崎元の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

全面改訂 超簡単 お金の運用術 (朝日新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする