スタートアップ・バイブル シリコンバレー流・ベンチャー企業のつくりかた [Kindle]

  • 講談社
3.17
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (261ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近のスタートアップに関する事項を網羅的に書いてあって参考になった。
    翻訳本ではなく、日本語原著で日本の事情も考慮しつつ書かれていたのがよかった。(著者は日本の大学で博士号を取得)
    --
    チームがパッションを持っているか
    エネルギーに満ちあふれているか
    モチベーションを高く維持しているか
    自分より優秀な人材を雇う
    自分が持つ情熱を、技術・プロダクト開発に注力したほうがいいのではないか
    エンジェル投資家やベンチャーキャピタルなどのネットワークを提供してくれる
    MSやAppleもオンラインストレージに興味を示していたが、Dropboxが成功。効率的に市場を獲得したことが成功の要因
    大学のキャリアセンター:ほとんどすべての大学生が最初にアクセスする
    アメリカのジョブサイト:Monster
    Udacity:コンピュータサイエンス・数学、物理などのオンライン教育サービス
    シリコンバレーのVC、100億円以上のマーケットをターゲットにするベンチャーに投資
    ネットワークエフェクト
    不安定でも自信を持つことがリーダーとして一番大事
    平日休日とも起業家・投資家とのネットワーキングが最も多くの時間を占める
    サムライ、フェムトスタートアップ、onlab、movida、メットエイジ、KDDI∞lab
    シリコンバレーでは倒産時の債権は取締役に追求しないのが暗黙の了解
    ストック・オプション、10〜15%のプールを定めておく。日本では10%以内にするよう要求される場合がある

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

アニス・ウッザマン(Anis Uzzaman)
シリコンバレーを代表するベンチャー・キャピタル「Fenox Venture Capital」共同代表パートナー&CEO。東京工業大学工学部開発システム工学科卒業。オクラホマ州立大学工学部電気情報工学専攻にて修士、東京都立大学(現・首都大学東京)工学部情報通信学科にて博士を取得。IBMなどを経て、シリコンバレーにてフェノックス・ベンチャー・キャピタルを設立。主に初期投資とファイナルラウンドを専門とし、全世界のインターネット、ソフトウェア開発、リテイル関連をメインとした投資を行っている。これまでに30篇以上の学術論文を執筆、世界中で各種のセミナーなどで講師として招かれている。本書は日本人のために、日本語で書き下ろされた。
Facebook:anis.uzzaman.37
Twitter:@anis_uzzaman

スタートアップ・バイブル シリコンバレー流・ベンチャー企業のつくりかたのその他の作品

アニス・ウッザマンの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする