江ノ島プリズム [DVD]

監督 : 吉田康弘 
出演 : 福士蒼汰  野村周平  本田翼  未来穂香  吉田羊 
  • ジェネオン・ユニバーサル (2013年12月4日発売)
3.12
  • (5)
  • (18)
  • (43)
  • (12)
  • (3)
  • 本棚登録 :156
  • レビュー :32
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102191689

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 青春ラブストーリーだけれど、ラストは悲しい結末。

  • 2013年 日本
    監督:吉田康弘
    キネマ旬報 2013年度日本映画第71位

  • 亡くなった友人・朔を救いたくてタイムトラベルを繰り返す話。
    朔が制服のほつれに気付いたりしていたから気づくのかと思ったのに何もなかった。
    なぜミチルが頑なに留学することを秘密にしていたのか不思議だった。 (GYAO)

  • ふーむ。旬の俳優を学生の役にして作った良くありそうなアマセツ的な物語。福士君や翼ちゃんのファンなら楽しめるかも

  • 修太と朔が夜の商店街を自転車2人乗りで走ってるシーンが好き。観てる間ずっと「こうなったら辛いなあ」って思ってた展開がラストに起こってしまうのがちょっと後味悪かったけど、きっと主人公にとってはこの終わり方が最上のハッピーエンドなんだと思う。

  • 内容を全く知らないまま見た。
    感動系SFファンタジー。

    設定に突っ込みどころはあるし、過去を変えようと何度もタイムリープを繰り返すというのは
    ありがちのストーリーではある。
    だがコミカルに笑わせるところは笑わせてくれて
    惹きこまれて見られた。

    特に福士蒼汰さんの演技が自然でとても良い。

    花火という発案が、ミチルの為であり朔の為であり
    今日子の為でもあるというのが、修太の優しさを感じられた。

    大切な人を助ける為に自分を犠牲にして、というのが
    『クロノス・ジョウンターの伝説』舞台版の『クロノス』の吹原を思い出した。
    吹原程ではないにしろ、修太も自分の人生を失ってしまう。
    どの程度まで失われたのか、どうやって暮らしているのか描写がないので
    はっきりとはわからないが
    それでも身をなげうってでも朔を、そしてミチルを助けたいという必死さには
    やはりついつい感情移入をして見てしまう。

    細かい設定は置いておいてもタイムプリズナーという存在は
    興味深かった。
    悲壮過ぎもせず、切ないながらも温かいストーリー。

  • うまくまとまらなくてよかった

  • 良い作品でした。時をかける少女が好きな人は、この作品も好きだと思う。
    野村周平のキャラが好き。
    素朴で平凡な田舎の日常がとても良かったけれど、画面酔いしてしまったので☆3

  • 同じ監督の『
    クジラのいた夏』が良かったので観てました。

    主要登場人物が月9ドラマの『恋仲』と同じだったのは驚きました。
    調べてないので分かりませんが、なにか繋がりあるのでしょうか……。

    内容を何も知らないで恋愛ものかなぁと思っていたら、タイムスリップというSF要素が盛り込まれたちょっと変わった青春恋愛ドラマといった感じでした。

    これタイムスリップする必要あったかなぁと個人的には思ってしまいました。
    ん~でも一番伝えたかったことが何かにもよるか。
    やっぱりタイムスリップは必要か……。

    タイムスリップ見ると矛盾点を探し始めっちゃって集中してみれない系。

  • 久しぶりに邦画を見ました。それも青春系を見るのは初めてだと思います。
    お目当は福士蒼汰君です。

    設定がありきたりでしたー。邦画だからか、演技力が何だか気になったのは邦画だからでしょうか?福士君がとても可愛かったです。

全32件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする