ハイペリオンの没落(下) [Kindle]

制作 : 酒井 昭伸 
  • 早川書房
4.18
  • (6)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (213ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ある意味、衝撃的な終わり方をした「ハイペリオン」の続編。前作の疑問点にきちんと答えつつも、新たな物語の複数の流れを作り、グイグイと作品を読ませる作者の力量はすごいな、と思ったりした。前作は大きな6つの物語から世界観を構築するという荒技だったけど、今作は同時並行的に流れている物語を、視点をいくつも変えて語り続けるという、アメリカドラマである「24」みたいな形式を取っている。多数の視点切り替えがあっても、物語の流れが混乱せずに、また一つ一つの視点においても大きな事件が起こったりして、読む手を止めるのが難しい。前作に引き続き、あっという間に読了してしまった。
    最後まで読み終わって、前作(および今作)の謎が割と残っているんだけど、まぁ、ここまで面白い展開なら多少謎が残ろうが問題ないだろ、という感覚はあるね。あんな大風呂敷を閉じるだけでも豪腕だわ、と思うしね。ラストのとある展開には思わず涙してしまったし。
    なんにせよ、とんでもなく面白い物語が世の中には転がっているな、と改めて思うなど。一応、世界観がつながっている続編もあるみたいなので、ちょっとペースを落とすけど、読み進めたいなと思った。

  • なんか落ちとしてはいまいちすっきりしないのだが、そんなことはどうでもいいくらい、落ちに至るまでの物語のうねりが素晴らしい。この本と出会えてよかったなあ、としみじみ感じ入ってしまう。

    それにしてもグラッドストンはかっこいいな。で、彼女は結局どうなったんだろう。

  • 「ハイペリオンの没落(下)」(ダン・シモンズ : 酒井昭伸 訳)[Kindle版]を読んだ。この偉大なる退屈さは読んだ者にしか分からないだよね。いやー、「ハイペリオン」から「ハイペリオンの没落」まで長かったなあ。

全3件中 1 - 3件を表示

ハイペリオンの没落(下)のその他の作品

ダン・シモンズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ダン シモンズ
ダン シモンズ
ジェイムズ・P・...
ダン・シモンズ
ロバート A ハ...
アンディ ウィア...
アーサー C ク...
カート ヴォネガ...
アーサー C ク...
ジェイムズ・P・...
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする