BRUTUS (ブルータス) 2013年 11/1号 [雑誌]

  • マガジンハウス
4.10
  • (12)
  • (10)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 126
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910277511139

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あんこ・和菓子が好きな人は、ぜひ読んでみてください。あんこの豆知識や作り方、レシピなども載っていますよー!
    あんこについて語ってあったり、あんこに合うお酒だったり・・・。パラパラとめくるだけでお楽しいですよ。興味がわいたら読んでみてくださいね。

  • 「あんこ好き。」
    餡子を使用した和菓子(とほんの少しの洋菓子)のカテゴライズや、予想外にお酒の肴として提案される餡子、
    更に糸井重里さんの餡ものコラム等、充実の一冊。
    元より和菓子好きの人も、そんなに興味の無かった人も、読んで楽しめそうな特集…
    と云うのは、何よりこれを書いている人達の餡子への愛が溢れていて、部活動の同人誌を見ているような楽しさがあるのです。

    この号を読んで、そのままの炊いた餡子をちまちまスプーンで掬って食べる、という楽しみを覚えてしまった程度には私も隠れ餡子ニストでした。
    餡子オンリーイベントとかあったら行くのに。

  • あんこってたくさん食べられない。けどまあ少し食べるには美味しいね。それにしてもうちの弟はなんでこんな、あんこの特集をしている雑誌を持っているのだろうか。

  • 可愛い!
    あんこの魅力がとっても詰まった一冊。
    見ていて楽しい、わくわくしてしまう。

  • やっぱりプロの編集者が作ると洗練された物になる。

  • 和菓子は繊細で美しい。あんこが好きなわたしはこれを見てもっとあんこが好きになりました。表紙もいい。あんこの色ってきれいだったんだなあ。

  • あんこ特集とくれば買うしかない。100人のマイあんこアンケートが圧巻。空也やとらやなど定番のなか、出町ふたばが健闘してるのはうれしい。
    ちなみに僕のベストあんこは、日光ひしやの煉羊羹、茗荷谷一幸庵の栗蒸し羊羹、四谷わかばのたい焼きの3つで。

  • brutusを買ったのはもう20年ぶりくらいかもしれない.
    あんこの特集となれば,買うしかない.
    しかし,こんな特集もやるようになったのだなぁ.

    あんこの名店や,あんこのいろいろな形態はもちろん,
    あんことあうお酒にまでふれてある.すばらしい.

    それにしても特集の始めのあんこアンケートに答えている
    100人のうち,私の知っているのは3人しかいなかった.

  • それこそ、かぶりつくように隅々まで読みましたよ。あんこへの愛あふるる特集で、とても良かった。表紙も好き。
    2013/11/2

  • 表紙に惹かれて即買い。
    都内あんこ巡りしたい!!
    まずは豆大福から。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

総監修/渡部亜矢 実家片づけアドバイザー。著書に『カツオが磯野家を片づける日』『プロが教える実家の片づけ』『「5つの鉄則」でラクラク! 実家の片づけパーフェクトBOOK』
相続編監修/水本昌克 税理士、『カツオが磯野家を片づける日』監修。 
家族信託監修/島田雄左 司法書士、著書に『家族信託の教科書』。
ほか『老人の取扱説明書』が話題の平松類医師が対談に登場。


「2018年 『実家の片づけ 親が元気なうちにしておくこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

BRUTUS (ブルータス) 2013年 11/1号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

ツイートする