仕事休んでうつ地獄に行ってきた [Kindle]

著者 :
  • 主婦と生活社
3.62
  • (6)
  • (8)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (223ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 奇蹟の38歳とよばれたキャスター丸岡いずみさんの、うつ病になって、治っていくまでの過程を本人視点で描いた一冊。

    元々、日テレの人だと思ってたんですが、北海道の放送局からの日テレに転職したんですね。
    画面に出る仕事もしつつ、制作もしていたこともこの本を読んでしりました。

    うつ病になった人本人の闘病記の本が少ない、ということでこの本を執筆したとのことなのです。
    本当に時系列で出来事などが書かれているのと、サクっと読めるので、その病気について知りたい人は一度手に取ってみてはいかがでしょうか?
    人に何かを伝える仕事をされている方の文章らしく、とても読みやすい文章となっています。

  • 自分もそうだけど、鬱の症状はいろいろ。
    上手に回復できればいいけれど、そうでない場合も多々あるからなぁ。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「そうでない場合も多々あるからなぁ。」
      それは辛い話ですね。。。
      勝手なコトを言うなら、外と内のパワーバランスが保たれていないから、現実...
      「そうでない場合も多々あるからなぁ。」
      それは辛い話ですね。。。
      勝手なコトを言うなら、外と内のパワーバランスが保たれていないから、現実と危うい関係になってしまうのだと思うのですが、どうすれば、心を平静に戻せるのでしょうね、、、
      2014/04/15
    • karinさん
      nyancomaru さん
      おっしゃる通りですね。バランスが保てない・・・
      ホント、いったいどうすればいいのか。
      nyancomaru さん
      おっしゃる通りですね。バランスが保てない・・・
      ホント、いったいどうすればいいのか。
      2014/04/24
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「いったいどうすればいいのか。」
      気持ちを自ら制御出来るように「認知行動療法」の本でも繙いてみては?
      「いったいどうすればいいのか。」
      気持ちを自ら制御出来るように「認知行動療法」の本でも繙いてみては?
      2014/04/30
  • 「うつ」の実体験を元にしたエッセイ?
    で、筆者の偏見、たとえば神経質な人がなるものというものは私も思っていたりしたので、そういうわけではないんだと勉強になった。
    本当に誰にでもなりえるものなんだ。
    私も若干危ない時期があったりしたが。。。。

    後は、薬の偏見もわかる気がする。確かに飲むのに抵抗感があるだろう。
    また、飲んでも改善しない印象があったが、人にも夜のだろうが、劇的に効くときもあるのか。

    薬でちょっと思ったのは、映画とかが悪いのでは?よく映画の中で、精神病院に入れておくために薬で正常な思考を妨げるような描写があるが、これで印象を悪くしているのでは。

  • 元日本テレビニュースキャスター、走りすぎ、交感神経ビンビンがポッキリ折れた。死にたい、疑心暗鬼の日々、治療と支えてくれる人のおかげで生還。うつは、心の病ではなく脳の病気。休むことも生きること。
    うつに至る前の状況が、さすがにこれだけやったら人は壊れるんだ、という指標のようでした。

  • 休むことは生きること

    警察付きのリポート記者から不規則な生活リズムに入り、そして3.11の凄惨な現場リポートが引き金となって、以前からのパパラッチによる報道に悩まされていたのもあり、鬱状態に一気に突入した著者。
    それでも入院を経て10ヶ月程度で日常生活に復帰(仕事は退職)できたのはとてもラッキーなケースだと思う。それは本人の病気になった際の「もうだめだ」判断、職場からの身の引く速度の速さが効いていたのかもしれない。もしあのまま1週間我慢して仕事を続けていたら治りは遅かったのではないかと思う。
    また、四国の実家が田舎にあり、東京とまるでペースも人も環境も違っていたのも治りが早かった一因であろう。
    常に元気な人がずっと元気なわけではない。
    鬱が単なる心の風邪ではない、そんな簡単なものじゃないことをよく伝えている。
    冒頭の「休むことは生きること」は苦悶の末に著者がつかんだ唯一信じられる真実ではないだろうか。

  • 自分もうつ病になってから、他人のうつ病体験記を読むのは初めてでした。
    うつ病はいまでは多くの人に知られ、かなり一般的になったと思います。でも、その本当の苦しさは、まだ十分に理解されているとはいないのではないでしょうか。
    よく、「うつ病は心の風邪」などと言いますが、そんな生やさしいものではありません。この本でも、この言葉は強く否定されいます。
    うつ病の鬱は、日常誰もが経験するような憂鬱とは根本的に異なります。うつ病のそれは、言葉では表現できないほど強く、そして長期間にわたって続きます。
    外から見れば、ただ怠けているだけじゃないかとか、やる気がないだけじゃないのかと思われるかもしれませんが、本人は本当に何もできないほど強く打ちのめされているのです。
    それと、うつ病というと、気持ちが落ち込むだけだと思われているかもしれませんが、それ以外にもさまざまな症状が現れます。丸岡さんも、一番つらかったのが「眠れない」「食べられない」の二つだったと書いています。私もこの二つでとてもつらい思いをしました。
    食べられないというのは、本当に文字通り食べ物が喉を通らなくて、ひとかけらのパンを飲み込むのさえ苦痛で仕方がありませんでした。私はもともと体も細かったので、食べなければ体力も落ちて本当に起き上がれなくなってしまう、これを食べなければ自分は死んでしまうのだと、自分に言い聞かせながら必死に食べていました。
    眠れないのもつらい体験でした。眠りたくても眠れない。それが一週間単位で続きます。ただでさえうつ病は苦痛な状態なのに、それを眠りによって忘れることができず、二十四時間その苦痛を味わい続けなければならないというのは、本当に思い出してもぞっとするものでした。
    こう書いてみても、その苦しさがいったいどれだけの人に伝わるか、実際に体験した人でなければ本当にはわからないのではないかという気もします。それでもわかってほしいのは、うつ病は「心の風邪」などという生やさしいものではないということ。一、二週間休んだり、気分転換や気晴らしにどこかへ出かけたりするくらいで治る程度のものではないこと。れっきとした病気であり、投薬をはじめとする医学的治療が必要なものであること。そのことを、多くの人に気づいてほしいと思います。
    この本が多くの人にとって、そうしたことを考えるきっかけになってもらえたら。そう思います。

  • 人気ニュースキャスターだった著者がうつ病になり、この病気から回復をするまでのエッセイでありドキュメンタリーだ。
    「うつ」とはどの様な病気なのかと体験者ゆえにその病気の過程、深刻さ、そして回復への道を丁寧にわかりやすく書いている。
    人気があり、仕事も充実して、それゆえ過密なスケジュールと仕事の重責を担いながら、走り続けていた著者は、自分自身はそのストレスや過剰な疲れ、過労を実感していなかったのだろう。
    身体の方が先に悲鳴を上げ始めた。発疹が出たり、下痢、食欲不振、不眠に悩まされる様になる。この辺からおかしいと自身も思い始め、ついには仕事ができなくなり、実家に逃げる様に帰り着く。
    そして故郷で治療をし、回復していくのだが、うつというと心の弱い人、心の病というイメージで見てきたが、脳の病気であるという。これには驚かされた。
    脳の病気であるから、まずは専門医にかかり自分にあった薬を服薬するということで回復に向かっていくのだという。
    この様な有名人が自身の体験談を公表してくれることで、病気に対する正しい知識をえることができる。貴重な闘病体験記でもある。

  • 元日本テレビキャスター丸岡いずみさんのうつ体験・寛解までを描いた作品。うつは脳の病気であるため楽天的でポジティブシンキング・スタミナがある人でもショッキングな出来事がトリガーとなり罹患する可能性があり、世間一般の認識と実情は違うことに気付かされた。またうつについての書籍著者は精神科医等が多く、実体験者の著書は少ないため、うつ病で悩む方の少しでも助けとなるために闘病記録を残すことに決めた丸岡さんの優しさが読んでいて伝わってくる作品。元キャスターだけあり、言葉選びもよく非常に読みやすい作品。

  • 無理をしない。診察を受け、処方された薬はきちんと飲む。当たり前のことでも踏み切るまでは勇気が必要。自分もそうだった。

  • うつ病患者自身の体験記。
    どんな人でもうつ病になることがある。
    もっと本人も周囲も受け入れられやすい社会になればいいなあと作者の視点から語られている。

    本人の経歴が語られている部分も多く、うつ病100%の本を期待していると少し物足りない気がするかもしれないけど、それが逆にうつ病も人の人生の1部という風にとらえられ、ずっと暗い、しんどいイメージだけでなく、読み進みやすい内容だった。

全15件中 1 - 10件を表示

仕事休んでうつ地獄に行ってきたのその他の作品

丸岡いずみの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする