半島を出よ 上下セット (半島を出よ)

著者 :
  • 幻冬舎
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 1920093019002

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 役所の知加子、死んだんだろ〜な。子供を残して。
    最後の攻めも雑な感じ。

  • やっと読み終わった。上下巻通して長い、とにかく長い。
    壮大なストーリであり空想的でありながら、リアルな現時点の実状の延長線のかなり近いところが描かれているので、あながち空想とも思えないところも。
    良かったのか良くなかったのか評価が自分自身でも斑で決めかねる。
    少なくとも爽やかな読後感はないし、再度読み直す気にはならないが・・・

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

村上龍の作品

ツイートする