池上彰の憲法入門 (ちくまプリマー新書) [Kindle]

著者 :
  • 筑摩書房
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (121ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 憲法の概要と問題点についての解説が、いくつかの立場を踏まえて記載されてあり、相変わらず分かりやすい。
    憲法の入り口としては申し分ない。

  • 私レベルでもわかる本、となったら池上さんかな、と。
    実際、とてもわかりやすく解説されていて、良く理解できた。……少なくとも、その気にはなった(殴)
    ニュースを見ていると血管が切れそうになることばかりだけど、わかってなかったら批判することもできないんだよね。基本のき。

  • 憲法入門でとりあえず池上彰ということで購入。あいかわらず平易な文書で読みやすい。前半は憲法の説明、後半は今の論点を説明。さらに理解を含めたい場合は巻末のおすすめを読むと良いのかもしれない。ただ近代憲法に至るまでの歴史や成り立ちは特に記載はないので、それは他の政治哲学書から学ばなければならないかも。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

池上彰の憲法入門 (ちくまプリマー新書)のその他の作品

池上彰の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

池上彰の憲法入門 (ちくまプリマー新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする