夢幻諸島から [Kindle]

制作 : 古沢嘉通 
  • 早川書房
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (330ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • クリストファー・プリーストは『奇術師』の衝撃以来。『夢幻諸島から』(原題 "The Islanders")は、「夢幻諸島(dream archipelago)」の島々に関するガイドブック風読みものを中心に、警察調書、ルポタージュ、遺言書、一人称小説、三人称小説、序文(!)、手記など様々な形態で描かれる 36 の短編からなる連作集。一つのテーマに関連した短編を並べることで、その奥底に流れる主流のエピソードを傍流の連鎖として描き出す手法は、近年の小説では珍しくない構成だが、この『夢幻諸島から』ではその主流のエピソードすら判然とせず、いくつかのストーリー(コミス殺害事件、カウラーの社会活動、カムストンの著作活動、バーサーストの絵画芸術、ヨーのインスターレーション芸術などなど)が絡まるようにして全体を構成する。風に始まり、風に終わる全体構成もいかにも語りの達人らしい。さらに再読者は、あの冗長な序文の著者がチェスター・カムストンであることに驚くし、献辞がエズラに捧げられているに至っては、創作の一部なのかどうかも判然とせず。カウラー、カムストンともに替え玉がいる設定なので、何が何やら。年代が合わない記述もあるが、不老不死(ただしそれ以前の記憶を失う)の技術もある。プリーストが「騙り」の達人とも言われる所以。

    ちなみに、この「新☆ハヤカワ・SF・シリーズ」のラインアップはもの凄く、全部揃えたいほどだが、装丁の割に高い気がしてなかなか手が出ていない。今回は Kindle のセールで安くなっていたのを購入して読了。

  • 不思議な諸島とその人々をテーマにした連作の短篇集,昆虫ホラーあり,殺人ミステリ,謎めいた作家の生涯,放蕩な画家,時間SF,軍の陰謀,インスタレーション芸術の話とさまざまな幻想文学が楽しめる.カルヴィーノの作品を思い出した.
    で,多くの謎を残しながら全て読み終わってもう一度序文に戻ると,不思議なことに気がつく.作中で死んだ男がまさに序文を書いている…….こうして読者は再び夢幻諸島のなかに戻っていくのだった.

    明快な答えは多分ない(カウラーはおそらく不死,ハイキ・トーマスはカムストンの偽名)し,ちょっと幻想に寄り過ぎてて「時間勾配が狂ってるから云々」ですますしかなくなるが少し残念なところだろうか.

全3件中 1 - 3件を表示

夢幻諸島からのその他の作品

夢幻諸島から (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 単行本 夢幻諸島から (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) クリストファー・プリースト

クリストファー・プリーストの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする