沈黙博物館 (ちくま文庫) [Kindle]

著者 :
  • 筑摩書房
3.43
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (205ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「博士の愛した数式」のような物語を期待したが、ちょっと違う感じ。
    全編にかかるもの悲しさは一緒だが、なんとなく釈然としない。
    見えない力に取り込まれていく博物館技師となんとなくその世界を当たり前として受け入れている人々のギャップが釈然としない。
    技師が後日談として、最後に語ってくれたらもう少し分かりやすかったように思えるのだが。

  • 不思議なお話だった。ファンタジックでもありホラーっぽくもありミステリっぽくもあり。でも,その辺りは何も解決されずに,読者の想像に任されてしまう。どう解釈して良いのか,なかなか難しい。
    老婆が収拾した,村で死んだ人の遺品を展示する博物館の設立を任される技師と,それを取り巻く人々のお話。遺品は正式に譲り受けるのではなくて,勝手に盗んだりした物だというところがアンダーグラウンドな雰囲気を醸し出している。
    電子版では巻末の解説が削除されているが,それがなかなか力の入ったものらしいので,書店で立ち読みしてこようかと思う。

  • 作者のいい部分が出まくってる

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

沈黙博物館 (ちくま文庫)のその他の作品

沈黙博物館 単行本 沈黙博物館 小川洋子

小川洋子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする