COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 12月号 [雑誌]

  • 講談社
3.74
  • (6)
  • (21)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :111
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910132231233

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分が興味や情熱をもって取り組めることを見つけたら、それを毎日やり続けることだね。
    歴史の教科書を読んでみる。

  • この本は、自分の世界観をブラッシュアップするのに毎月楽しみに購読している。
    お金の話の今回は、結構楽しく読めた。
    各国で本当に考え方が違うし、移住したければその考え方に馴染む(折り合う)ことができなければならない。

  • 精子バンクについて読み始める前は否定的でしたが、読み終わった後は良いじゃないかと考えが改まりました。
    心底子供を望んでいる人に希望を与えられるからです。
    又、決して提供した男性の名前が明かされない事。
    明かされたら大変な事になりますからね。
    そしてIntel schoolにも惹かれました。
    矢張り子供の教育にはこの様な学校に通わせたいと強く感じました。
    特にFrance学校に興味があります。

  • お金のことは頭に残ってないけど、インターナショナルスクールの多彩さには脅威としか言いようがない
    うりをつくり長く教えていくことができなければ

  • ・家族の中が良すぎると、経済が成長しない。

    ・精子ドナー。匿名性が守られなくなったら、子供たちが殺到する。

    ・カタールは、67時間分の水の蓄えしかない。食料を輸入に頼る国は今後最も弱い国になる。

    ・インドのスラム、ダラヴィ。裏経済を握る。

    ・アメリカの、フックアップ。カジュアルなセフレを作る。

    ・クローンマンモス。日本人の祖先は、シベリアからマンモスを追ってきた。だからマンモスが好き(冗談)

    ・飲み過ぎにはスプライト。

  • お金に関する特集だったが、我々には非現実的世界すぎやはり面白いものがなかった。

  • 面白かった記事メモ

    1.佐藤優氏のコラム
    英国のエリート文化の特徴とは。
    エリートを再生産できる理由とは?

    2.インターナショナルスクールのすごい授業。ここでしか養えない価値観→”バイカルチュラルレンズ”

    3.インド式教育の秘密
    インド人学校に通う在校生のインタビュー。(自ら転入しようと決めた日本人の子)

  • 世界を一周しながら、リアルな「お金の話」を聞いてみた

  • 全体的にどれも興味深いけれど、1つだけあげるとすればインドなど途上国で適切な同意取得を行わずに治験が行われているという記事。とてもこわいし、先進国の住人としては申し訳ないし、改善されなくてはならないと思った。

  • 深刻な話からくだらない話まで、この雑誌はとても面白いと思った。

全17件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 12月号 [雑誌]はこんな雑誌です

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2013年 12月号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

ツイートする