ハンガー・ゲーム2 [DVD]

監督 : フランシス・ローレンス 
出演 : ジェニファー・ローレンス  ジョシュ・ハッチャーソン  リアム・ヘムズワース  ウディ・ハレルソン  フィリップ・シーモア・ホフマン 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年4月18日発売)
2.92
  • (1)
  • (24)
  • (63)
  • (26)
  • (5)
  • 本棚登録 :231
  • レビュー :38
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111245830

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ネットで視聴(英語字幕)

    原題:The Hunger Games: Catching Fire

    物語はなんと革命劇に。
    ありそうな展開ではありますが。
    いや、話を続けようとしたら、それ以外の展開はまずありえないな。
    とはいえ、最後の展開にはぴっくり。

  • 字幕: 石田泰子

  • あるある展開だなあと

  • ハンガーゲーム続編の前編って感じ。

    次作と連続で公開して欲しかったわ。

  • 1よりもひどかった笑。時計ごとにエリア分けって、ますますバトルロワイアルっぽかったなー。うーんもういいや。よくわからんかった。

  • 前回の優勝者カットニスが国民の希望になっている事が、国への反乱に繋がるのではないかと危惧するスノー大統領。
    彼女を合法的に抹殺するため、歴代勝者を戦わせる第75回ハンガーゲーム記念大会を開催する。

    前作と違って、続き物色が強く、あれ?もう終わり?続きは…あっ次の映画ですか…って感じになります(苦笑

  •  1もつまんなかったけど2もダメでした。1がダメだったとこは、ハンガーゲームが1時間ぐらいしないと始まらないところ。2もそうで、これ理由は原作をそのまま時系列順に映像化してるからなんでしょうか。時系列を入れ替えるぐらいすれば良いのに、映像化する上での目新しさや演出がなんにも感じられない・・・。
     ストーリーの方も「当然そうなるでしょ」と安易に予想がつく内容で、なんら目新しいとこがありませんでした。

  •  前作でのゲームの勝者となったカットニスとピーターは勝者として各地区を凱旋していた。カットニスが反政府的な人気を得ていると感じた大統領はグランドチャンピオン大会を開催してカットニスの命を奪おうとする。

     三部作の二作目なので繋ぎとしての物足りなさは否めないが、大作感も確かにある。前作同様、ゲームに至る前の部分をしっかり描いているのも好評価。

     以下ネタばれ。
     ゲームが物足りないという意見もあるようだが、ラストで実は今回のゲームはほぼフェイクだったことが判明する。後から見て、だからあういう行動をしたのかというのがもっと分かりやすくあった方がよかったかもしれない。

     やはりこの映画の評価は完結編を待たねばならない。。。

  • 前のが良い

  • 未来の話なのに武器が弓矢って。
    バトルロワイルっぽい。
    続編決定とか。続かなくて良いよ。

    ストーリー
    独裁国家パネムが毎年開催する<ハンガー・ゲーム>。
    それは、12の隷属地区から若い男女ひとりずつをプレイヤーとして選出し、全国にテレビ中継をしながら最後のひとりになるまで戦わせる究極のサバイバル・ゲーム。
    幼い妹の身代わりとして自ら志願した少女カットニスは、死闘の末に生き残り、ゲームの勝者として凱旋を果たす。
    そんな彼女の勇気ある行動をきっかけに、国家に対する革命の動きが国中に広がろうとしている中、節目の記念大会となる第75回<ハンガー・ゲーム>の特別ルールが発表される――。
    それは独裁者・スノー大統領がカットニスを抹殺すべく仕掛けた、歴代勝者たちを戦わせる絶体絶命のゲームだった

全38件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする