ユーザーイノベーション―消費者から始まるものづくりの未来 [Kindle]

著者 :
  • 東洋経済新報社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (222ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • iPhoneを探すで自分たちが応援しているランナーがどこを走っているかを探す

    iPhone持って早4年、使いこなせてそうな気もして、まだまだ他の用途がある気がして、そんな感じで使い続けています。

    10万くらいする代物ですので、できるだけ使い倒したいです。こんな便利な使い方あるよ、みたいなサイトってないもんですかね。

    いっそのことswiftで自分専用のアプリを作ろうかと一瞬思いましたが、なかなか踏み切れないでいます。先にOffice系のアプリを極めたいな、と思っておりまして。

  • 2013.12.01 実は、商品のイノベーションにおいて、以外にユーザーが寄与しているコトが多いということが分かった。イノベーションにおいて、少数のプロ<多数の素人という現実にはびっくり。LUM(リードユーザーメソッド)という、エクストリームユーザーをイノベーションに巻き込む方法論など、とても刺激的である。イノベーションの定義がもう少ししっかりしているともっと分かりやすかったと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

小川 進(オガワ ススム)
神戸大学大学院経営学研究科教授
1964年兵庫県生まれ。87年神戸大学経営学部卒業、98年マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院にてPh.D.。2003年より現職。主な著作に『イノベーションの発生論理』『ドクター・オガワに会いに行こう』(千倉書房)、『ディマンド・チェーン経営』『稼ぐ仕組み』(ともに日本経済新聞社)、『競争的共創論』(白桃書房)がある。ユーザー・イノベーション研究では世界的な評価を得ている。2012年高橋亀吉賞(優秀作)受賞。

ユーザーイノベーション―消費者から始まるものづくりの未来のその他の作品

小川進の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ユーザーイノベーション―消費者から始まるものづくりの未来を本棚に登録しているひと

ツイートする