コレクター [DVD]

監督 : モーガン・オニール 
出演 : ジョン・キューザック  ジェニファー・カーペンター  メイ・ホイットマン  ダラス・ロバーツ  ソーニャ・ヴァルゲル 
  • 東宝 (2014年1月24日発売)
3.11
  • (1)
  • (13)
  • (23)
  • (8)
  • (1)
  • 本棚登録 :86
  • レビュー :22
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104082541

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この相棒、RECでもあごが気になった人だなぁ、
    娘が老けすぎてかわいくないなぁ、と重いつつも
    好きな雰囲気。
    話はベタでも飽きず。

    ラストもあっさり助けるだけと気を抜いていたら
    びっくり嬉しいどんでん返し。
    真相知られず相棒が生き残るから後味は悪し。
    見返すまではいかず。

  •  サイコサスペンス映画。実在した犯罪者をベースに作っているとのことだが、何故か「実際の物語」と翻訳されていた。based on a true story であって it is the true story ではないんだと思うだが・・・。

     サスペンスではお決まりのどんでん返し、もちろんあった。もう一度観なおせば、色々と発見がありそう。ストーリーの流れはよくあるパターンなのだろうが、気になるのがラストの終わり方。最後がハリウッド映画のお決まりと言って良い、よくある終わり方ではないので驚いた。らしくないというか、色々と含ませて終わっている。続編作るつもりだったのだろうか?

     流れがわかっているとは言ってもハラハラさせられて、びっくりもさせられるので楽しめた。しかし、少しだけ物足りない感じも。キャラクターの魅力不足?ディティールの説明不足?もうちょっとだけ長い作品にしても良かったのかもしれない。

  • 頭脳派シリアルキラーに対して、知的に迫るわけでなく、感情的で自己中だったので、この刑事どうかなと思いました。後半、娘が大活躍しますが、魅力に欠けます。全般的にシナリオに悪意を感じました。実話はどの部分でしょう?あの警察隊が突入する状況で、赤ちゃんを連れ出し、隠すことに成功すれば、イリュージョンですよ!

  • B級と呼ぶべきなのかどういえばいいのか、ジョン・キューザックの最近の作品というかサスペンスは意外と面白みがある。本作ものめりこむように観ていたのだが、落とし穴が一番肝心なところにあった。

    「コレクター」
    https://www.youtube.com/watch?v=aygFxgIFUXs

    1980年代に起きた猟奇的殺人事件を基にした作品。そもそも最初からの疑問は犯人。売春婦を次々に監禁殺害する事件なのだが、パッケージのジョンの隣に写った不気味な女性…明らかに犯人面でしょ…でも、ジョンの相棒刑事…で、騙されるww

    一瞬のパニック的な気持ちの高揚がさらに疑惑を感じるのだが最後まで騙されたわ。上手い脚本というかまさかの展開でしたね~それよりも最後の誘拐された娘の表情が気になって仕方がないまま終わってしまった。

  • 最後のどんでん返しと伏線回収すばらしかった。
    誘拐される娘がかわいくないので、もっとかわいいヒロインを使ってほしかったなあ。

  • 邦題、なんで「コレクター」にしちゃったのか? どう考えても「factory」じゃん? って思う。

    女刑事が共犯ってのはどうなんだろ…意外性はあるけど現実味はないよね。普通に捕まると思うし。
    ゲイリー・ヘイドニクの逸話は単独犯だからか「大家族をつくろうぜ」ってのがマジマッド! サイコ! って感じなんだけど、この映画はなんで里子もらわないの? みたいな、微妙すぎる動機と結末。

  • ジョン・キューザックつながりで鑑賞。邦題の「コレクター」よりも原題の”The Factory"の方がしっくりくる。
    ゲイリー・ハイドニク事件という1986年~1987年にかけてアメリカで実際に起きた猟奇殺人事件をベースにしたサイコ・サスペンス作品。
    所々張られていた伏線をラストに一気に回収してどんでん返しがきたのはびっくり。しかし後味の悪いラストだわ・・・結局娘のアビーは父の相棒ケルシーを怪しんではるものの、犯人だと気付いたのか分からず。

  • この事件多分知ってるんだけど、こんな事になったっけな?という感じなので実際の事件を参考にしただけなのでしょうか…
    フィクションでもノンフィクションでも恐ろしいけどね…一番狂気を感じるのはストックホルム症候群の女
    思っていた展開ではなかったので(私が鈍いだけか?!)楽しめました

  • オススメしない。テーマは暗く不快で、さらにハッピーエンドでもない。映画の常識を覆したかったのだろうが、失敗に終わってる感じ。

  • 終盤まではどこかで見たことあるような作品ですが、ラストはなかなか…上手くひねってあって驚かされました。
    それでもサスペンスドラマだけに感動とかある訳じゃないんで暇つぶしに見るなら悪くないんじゃないですかね〜

全22件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする