「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ? [Kindle]

  • 講談社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (272ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小説の形を取った啓発書。小説としてのクォリティそのものは、別に見るべきところではない。タイムスリップして過去の自分と対峙するというベタな展開とか、トントン拍子に成功に向かう展開とか、こなれてないセリフ回しとかは目を瞑ろう。

    著者は営業上がりの経営者と、ゴミ拾い活動をグローバルに展開させた活動家。両者の経験をモデルにしながら、以下の観点を説く。

    ・目的地を決める
     →やみくもな努力はしない

    ・情報が大切
      →目的地に向かうために無益な取り組みはしない

    ・能力ではなく、やり方
      →できるかできないかではなく、やるかやらないか

    ・成功者に聞く
      →目的地に向かうために最も有益な情報は成功者が知っている

    ・関係性の関係性、感謝の天才になる
      →人が直接関われる人数は少ないが、関係性を繋いでいけば多くの人に影響を与えることができる。

    非常にシンプルだし、特別目新しいことは言っていないが、一定のモチベーションが湧き上がってくるのは確か。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

むとう・よしひで 1976年岐阜県出身。株式会社ガールズアワードアジア、株式会社ご縁両代表取締役。母子家庭に育った元ヤン。高校卒業後、就職はしたが、このままでは「普通」の家庭を作ることもできないことに気づく。人脈・お金・資格、何もないところから一念発起、NTT商品の販売会社に転職、全国トップセールスに。2002年、25歳で株式会社イーコミュニケーションズ設立。2006年、財団法人愛知県中小企業振興公社(現・あいち産業振興機構)より東海地区の有望ビジネス10社に選出。同年、経済産業省中小企業庁より「バリューベンチャー」6社に選出。2007年、名古屋経済の好調を支える注目企業として『なるほど! 元気な名古屋の企業100社』(岩田憲明著)に選出。2009年、進学塾を複数経営。現在はこれまでの会社を売却し、一般社団法人台湾留学サポートセンター(台湾政府唯一の公認)の協力を得て、台湾正規留学の橋渡しを行う株式会社ご縁を設立。東京のガールズアワード(主催:フジテレビ・ガールズアワード実行委員会)を西日本とアジアで開催するため株式会社ガールズアワードアジア設立。多分野で活動する新進気鋭の経営者。

「2013年 『「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?のその他の作品

武藤良英の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

「あの時やっておけばよかった」と、いつまでお前は言うんだ?を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする