妖怪学 [Kindle]

著者 :
  • 2013年10月21日発売
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (210ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 妖怪は子供の頃から好きである(昨今のウォッチ系は好かんが)

    そんな感じで聞いて見たが水木系の妖怪は出て来なかった。
    でも面白かった。

    最初のコックリさんを初め、縁起物や夢までもオカルトとして論破していく。
    正し著者が江戸~大正を生き、仏教哲学者であり文も明治の論文で書かれているので分かりにくい。
    自分も理論的なところは半分もわからんかった。

    だが、コックリさんの由来やオカルトの民間伝承など時代背景など面白いとこも多く、意外な発見もあり面白かった。

    まっ、明治の時代を知る1冊として読んでも良いと思いますよ

全1件中 1 - 1件を表示

井上円了の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする