雪 [Kindle]

著者 :
  • 2013年10月21日発売
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雪についての考察。
    北海道で雪を研究した話の中で札幌の一月の平均気温はマイナス6度から8度とある。
    本が書かれたのは戦中で、あれから70年。
    今の札幌の平均気温より5度程度寒かったんだなぁーと実感。
    どうりで昔の冬はもっと寒かったと大人たちがいうわけだ。

  • ある意味伝説的な本作、雪の探求よりもむしろ戦中における良心ある学者の精一杯の抵抗という感を受けた。
    あと良い意味で素朴、今となってはこんな空気を纏った社会空間の再現は不可能だろうと思われます。
    最後にちょっと青空文庫の編集がいけてないかな?タダで読ませて頂きながらの失礼な指摘ですが。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1900年石川県生まれ。物理学者。東京帝国大学理学部で寺田寅彦に師事し、卒業後は理化学研究所で寺田の助手となる。北海道帝国大学教授、北海道大学教授を務め、1962年没。雪の結晶の研究や、人工雪の開発に成果を上げ、随筆家としても知られる。主な著書に『冬の華』『楡の花』『立春の卵』『雪』『科学の方法』ほか。生地の石川県加賀市に「中谷宇吉郎 雪の科学館」がある。

「2014年 『寺田寅彦 わが師の追想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中谷宇吉郎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする