WIRED VOL.10 (GQ JAPAN.2014年1月号増刊)

  • コンデナスト・ジャパン
3.85
  • (8)
  • (17)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :133
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910153120141

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014.10 面白いにつきる。

  • ・「都市は、ひとめぐりしただけで、少年がその後の人生で人生で自分が何をしたいかが見つかる場所」
    ルイス・カーン

    ・これからは、所有ではなく、アクセス。
    エリック・ハウェラー

    ・道路は、都市空間の大部分を占めている。
    ここをうまく利用できないか。

    ・未来都市のために。
    スラムは、住民が街を回収するインセンティブを。
    ex)portal 1746

    ・これからは、フードトラック。
    絶えず移動しているメリット。

  • 相変わらず時代の最先端どころか未来を押さえてる。先取りすぎて、まことしやかにそれぞれが猛スピードで来たる時代のように語られるが、実際の生活で周りを見渡せばまだまだ。都会的すぎる発想も現実とはギャップがあるので、その点は割引いた上で読むと面白いよねこの雑誌相変わらず。

  • BIGの快楽主義は個人的には好みではなく、やっぱりモダニズムの理念のほうが性に合ってる、それが時代遅れだとしても。

  • 30年後のいめーじとしては、結構チープに感じた。
    もっと飛躍していて欲しいとおもう。

  • 相変わらずデザインもかっこいいし、内容も面白い。

    リオデジャネイロの新しい取り組みの特集が個人的には面白かった。
    SNSとかをうまく利用してるし、
    東京でもやってほしい。
    今後のリオデジャネイロに要注目。

  • あまり記憶に残りませんでした・・・
    WIREDはデザイン寄りですね

  • 未来都市への願いが込められた号。
    2020東京オリンピックまでにすべきこと、オリンピック後にどんな街に住みたいか、そんなことを今こそ考えなくちゃね。
    未来に生きる日本人にしか出来ない街作りはきっと楽しいはず!

  • 2013/12/06 購入。先月末に出てたはずだけど買ってなかった。今回の特集は「未来都市 2050」。

  • 質の低下著しいクーリエと違って、WIREDは相変わらず面白いね。凄腕高校生ハッカーの記事が面白くて元記事どんなんだろと探してみたところ、英語版WIREDには元記事とみられるものがなかった。と考えると独自取材もしくは他社媒体の翻訳かな?でも、ライター名日本人じゃなかったし……こればかりが気になって他の記事の印象が薄い。

全12件中 1 - 10件を表示

WIRED VOL.10 (GQ JAPAN.2014年1月号増刊)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

WIRED VOL.10 (GQ JAPAN.2014年1月号増刊)はこんな雑誌です

WIRED VOL.10 (GQ JAPAN.2014年1月号増刊)を本棚に登録しているひと

ツイートする