私本太平記 01 あしかが帖 [Kindle]

著者 :
  • 2013年10月22日発売
4.25
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 太平記を舞台にした物語。主人公は若き日の足利高氏です。その彼が、勉強のために隠れて京へ来て、それが後日大騒動となって、その途中で自身の道に密かに目覚めるも、それをひっそりと隠しながらまで。一人の若者の立上りを感じさせる感動する内容になっています。執権北条家の問題も、後年の小説手法の習いになったのではないかと思わせられるような正統な書き方で、それだけ読みやすかったです。
    この一人の若者から出発し、どのようにして壮大な物語が紡がれるのか。楽しみに感じながら読み終えました。

  • 長くなりそうなので一冊毎に★評価を。
    時代を感じるというか、物語・登場人物の関係が非常にシンプル。だから読みやすいというか、骨太な大河ドラマを本で読んでる感じ。
    実は前からこの作品読みたかったんです、足利高氏ってなかなかお目にかかれないし。この作品が書かれた背景はよく分からないんだけれども、色んな意味で結構チャレンジングな題材をチョイスしている気もしていたし。
    それにしても吉川英治作品がタダで、かつ思いついたら読めますか、凄い時代ですな、ほんと。

全2件中 1 - 2件を表示

吉川英治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
夏目 漱石
吉川 英治
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

私本太平記 01 あしかが帖はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする